« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月17日 (金)

ジルベール・ガヌ『わが愛する猫の記』

 

   みなさま、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。新年からバタバタして、落ち着かなかったのですが、先週の金曜日、神田古書会館の「愛書会」に出かけて、何冊か買ってきました。妻の仕事場がこの近くなので、昼休みに一緒に古本漁りをしたわけですが、見つけた本の一冊、ジルベール•ガヌ  Gilbert Ganne(1919~2010)の『わが愛する猫の記』原題Orgueil de la Maison(家の誇り高きもの、1973潮出版社•大塚幸男訳•原書は1964Plon社刊行)が面白かったので紹介しましょう。作者のガヌはフランスのジャーナリスト、文芸批評家、作家ということで、原題はボードレールの詩句からとられています。本文は、こんな言葉で始まっています。

   「私はしばしば夢見てきた。もはや、利害とか、祖国とか、《ブロック》とかによって、世界を分けるのでなく、猫に基づいて世界を分けることを。」

   すなわち、猫を愛する、あるいは猫を理解する人たちのいる世界と、そうでない人たちのいる世界とを分ければ良いというのです! でも、なんと多いことでしょう、猫を憎まないまでも理解しない人が。昔の友人で、たいへん頭のよく、性格もやさしかったが、犬が好きで、猫を蔑んでいる男がいました。猫は、利己的で打算的で主人を愛さない、ほら「犬は人間につくが、猫は家につく」と言うだろう、というのです。こういう意見は実に多いし、今でもそう信じている人はたくさんいるでしょう。しかし、そういう人たちも、猫と一緒に暮らす経験をするとその魅力に抗しきれず、意見を変えることがしばしば見られます。学生時代の女の友人で、犬がとても好きな人がいました。彼女にとっては犬は裕福な暮らしの象徴で、猫は庶民の金のかからない慰めに過ぎないと思っていたのです。ところが、何十年も経っていたのですが、偶然彼女のフェイスブックを見たら、「猫命」と書かれていて、猫の写真に溢れていたのにはびっくりしました。

   猫を飼っていても、なかなか好きになれない人もいます。私の母がそうで、猫好きの父親のため仕方なく飼っていたのですが、母の猫に対する愛情は、猫好きのそれではなく、生来の優しさから出たに過ぎなかったのでしょう。猫もそれをわかっていて、食事をくれるとき以外は甘えることはありませんでした。しかし、母は一度たいへん良いことを猫(タケという名でしたが)にしたのです。ある日、風呂場でタケが凄まじい声で泣き叫んでいました。母が驚いて風呂場にいってみるとタケの産んだ子猫が風呂の残り湯に落ちて溺れています。間一髪で母が救い出して子猫は助かりました。タケは、また面白いことに、母が米櫃を開けて升で米を量りだすと、必ず飛んできて米の計量を見ているのです。私は今でも思い出すと懐かしさで胸が熱くなるのです、台所の床に腰をついて米を計る母とそれをきちんと座って見ているタケの姿を。

   私の妻は、それまで犬しか飼ったことがなく、保護施設から譲り受けた子猫にも最初はなかなか馴染めなかったようです。その頃、私の塾の仕事の帰りが遅く、しかし、妻は朝が早いので、はやく寝なければなりませんでした。ところが、子猫(ルーミーという名ですが)は夜がふけるにつれて元気になって鳴きながら走り回るのです。眠れない妻はついにがまんの限界がきて、「猫が人間の生活に合わせなければいけないのに、なんで人間が猫に合わせなければならないのか」と怒り出しました。それから暫くは、夜は書庫のある部屋で、猫が寝るまで、私が撫でてあげたのですが、幸い、妻とルーミーの間はすっかり仲良くなって、ルーミーの爪をきったり、耳や鼻をきれいにしたり、お風呂に入れたり、トイレの砂を変えたり、食事を誂えたりの衛生面はすべて妻がやってくれます。もしこの猫が死んだら(ルーミーはもう11歳です)私よりも、きっと妻が悲しむだろうと思います。

   ところで、ガヌは、犬と猫の比較をしています。どちらが優れているとかではなくて、それは、ただその人間の好みによるのです。犬との経験について、ガヌはこう書いています。

  「、、なるほど、私たちの間には親密な関係は成り立たなかった。しかし、それは私のせいであった。というのも、犬は誰にでもついて行くものだからである。自分の主人でさえあれば、たといその主人が自分を殺すものであっても、その男について行くものだからである。私は私にへばりついてくる生きものを愛好したことはかつてない。そうした生きものたちの愛情は私にはうるさいのである。それは私にとっては鎖であり、そうした生きものたちにとっては弱さなのである。私は忠実な犬と一緒に寝ようとは思わないであろう。」

   しかし、だからといって、猫を愛する人たちを全面的に擁護するのではありません。過度の愛は、しばしば我々を愚鈍にし、また盲目にするからです。

  「動物についても人間についてと同様で、その動物をそれ自身のために選び、愛しなければならない。そして、とりわけ猫についていえば、猫を利己的に自分のものにするのでなく、猫の性質を、あえていえば猫の〈人格〉を、理解し尊重しなければならない。他人の裡において、人格を、すなわち相違を、愛する人々は少ない。まして、尊敬や最も真実な相互の理解は〈距離〉をともなうこともありうるということを、理解する人々はいっそう少ない。ところで、猫は距離を保っていて、よそよそしいものである。そしてこれこそ、私には猫の主たる魅力の一つをなすものなのである。どんな強いきずなによって結ばれていても、自分自身であることをやめないようにと、全的に身をゆだねる様子は決してしないということ、自分を取り戻すことができるということ。このゆえにこそ、猫は普通一般の趣味を持つ人々にあれほどしばしば気を悪くさせるのであり、真価を認められることが稀なのである。」

   実は私が猫を愛するのもまさに同じ理由によるのです。アドルノは、理想の人間関係を constellation (星座)の比喩で表しています。星々は互いに離れながら、しかし、切れない力で引き合っています。離れているからこそ、互いを認め合い、そして細やかな愛情の糸を張りめぐらせることができるのです。猫は、あるときは甘えてくるのに、違うときには無関心の風をして通り過ぎます。呼んでも来ないのに、新聞を広げるといつの間にかその上に長々と横になります。さりげなく、あなたの心の中の自分の位置を示すように。

   よって、あからさまな偏愛、すなわち度を越した溺愛は、猫にとっても迷惑かも知れません。ガヌは、その例をポール•レオトーに見ています。レオトーの猫崇拝は有名ですが、彼のボヘミアン的な自堕落なだらしなさは、猫特有の清潔さや快適さを好む性質と必ずしもあっているとは言い難い。(彼の『日記』には、始終病気の猫を抱えてオロオロする彼の姿が描かれています。)しかし、ここで、ガヌは、レオトーの胸の内に踏み込み、彼を擁護するのですが、これはそのまま彼自身のための擁護であり、この本全体の要約となっています。

  「レオトーが傷つけられた人間であったこと、癒しがたい古疵に傷つけられた人間であったことを知らなければ、彼の態度は全く理解できないだろう。彼が棄てられた鳥やけものに施したあの慈善は、彼自身は施してもらうことのなかった慈善であったのだ。というのは、幸福な人間は好んで他の人々―友人や、手に入れたいと思う女や、動物や、美しい飾りを、享受するものだからである。それは共に分かち合える健全なよろこびである。しかし、傷つけられた人間は裏切りや、拒絶や、冷淡を恐れる。そうした人間は恵まれない落伍者たちの方へとおもむく。そこでは、ほかならぬ自分自身の弱さと、自分の心にあふれているあの愛情とが、はねつけられることはあるまいと知っているからである。」

  「私が猫を愛するようになった諸理由は、ほかならぬ私の生涯の歴史と一緒になっている。」とガヌは書いています。幼いときは優しい母親と美しい猫たちと共にいて幸せでした。ところが、ガヌはやがて、学校とそれに伴う孤独という恐ろしい世界に直面することになります。

  「われわれの幼い年ごろの夢から、また、その後にくる夢想と恋愛から、われわれを引き離すのは、常にわれわれの同胞(人間仲間)である。というのも、われわれが悪と不幸とに対する趣味に出会うのは、もっぱらわれわれの同胞の裡においてだからである。そしてこの汚れた性質は子供にあって非常に早くからあらわれる。子供は、速くも、その小さな仲間たちの残忍さを目のあたりに見、その残忍さがいかに力強いものであるかを実感するからである。」

  「そうだ、私はすでにこの世界と絶縁していた。私は確信している。環境と教育とは重要な役割を演じるとしても、われわれは侵すべからざる、しかも非常に強く組み立てられた気質と性質とを持って、生まれるものであるということを。それに、これは猫においても同様である。猫たちはどんな家庭に投げ入れられても、趣味と物腰とを変えるものではない。」

   このブログでも時折書いていますが、私はバンジャマン•コンスタンの「人間はすべて性格である」という意見に完全に同意するものです。

  「実際、子供の上に襲いかかるあの呪詛のようなものは、凶暴な、むき出しの状態における〈不正〉である。学友たちは、すなわちその子供が毎日を共にしている人間どもは、その子供の責任でもない理由や不幸な欠陥のために―ユダヤ人だとか、私生児だとか、せむしだとか、肥っちょだとかというので、言われなき残忍さから、その子供を嗤ったり、いじめたり、辱めたりするものなのである。•••私はといえば、早くもその時から、人間の根源的邪悪さに対して自己防衛をしなければならないと感じた。まことに人間の特性であるあの愚劣さの、あの同じ犠牲である動物たちとともに。」

  「1910年ごろ、その小説『駄目になった男』の中で、《人間は意気地なしでなければ下衆野郎であるとの深い確信》を述べていたジョヴァンニ•パピー二は、そのような言葉でさえなお生ぬるきにすぎることを知らなかったのである。」

  「人生の現実を前にすれば、バンジャマン•コンスタンが語っているあの恐怖をどうして覚えずにいられよう? いわく、人生はおぞましいものに満ちているので、われわれは時として、人生を急いで横切りたいという思いに駆られることがある、と。」

   ですから、自己防衛の手段や気力を欠いているものは不可避的に敗北者となります。ここでガヌは、テネシー•ウィリアムズのその題名も『呪詛』という中編小説を紹介するのです。

   ルシオと呼ばれるある若い労働者が、合衆国の北部のある町にやって来て、やがて彼の伴侶となるニチェヴォという牝猫に出会います。

  「•••その牝猫は彼の物問いたげなまなざしに答えるように見えた最初の生きものであった。牝猫は一つの階段の上に寝て、真心をこめてルシオを見つめていた。そして本当に彼をその人と認めたかのようであった。彼はまるで自分の名が呼ばれるのが聞こえるような気がした。《おお! あなたでしたね、ルシオさん、わたしはここで、長いこと、もう長いこと、あなたを待っていたのですよ》と牝猫はいうかのように見えた•••」

  若者はこの牝猫と自分との間には、一つの契約があって、その契約は一生続くだろうと感じます。しかし、やがて、ルシオは解雇されて、病気にたおれます。退院して、汚ならしい自分の下宿に戻ると、彼はエチェヴォが下宿のおかみから追い出されたことを知ります。彼は暗い気持ちになり、途方に暮れ、何も考えることができないでその下宿を出ます。自分がこの地上で過ごした時間は、呪われた肉体の巡礼であったのか。万事休すである。•••

  「その時、突然、彼は生涯においてこれを最後と、あわれにも健気な一つの行為―神のごとき行為を達成することになった。」ある路地の入口に、彼はその失った友なる牝猫の、軽くびっこをひいた、ねじれたようなシルエットを見つけます。身をかがめて、エチェヴォを両腕に抱き上げて見ると、彼女は片足を轢かれていました。彼女は彼にあいさつをするためにごろごろ言おうとしましたが、聞き取れるか聞き取れないくらいの音しか出ませんでした。「ルシオは牝猫がもはや長く生きないだろうと知っていた。牝猫もそれを知っていた。•••彼女の目は世界の絶え間のない問いに対するただ一つの答えであるありとあらゆる秘密と悲哀とに満たされていた。とりわけ孤独と、飢えと、不安と、苦痛と。すべてそうしたものが彼女の目にはあった。その目はもはや精魂つき果てていた。彼女は世界の上に目を閉じたがっていたのである。もはや何ひとつ見たくないと思っていたのである。•••」

   そこで、ルシオは、小さな舗道に沿って、川の方へと牝猫を運んで行きます。水のほとりに来ると、彼は牝猫に話しかけてささやきます。「もうすぐ•••もうすぐ、もうすぐだからね」

  「彼女はほんの束の間もがいたばかりであった。疑いの一瞬に、彼女は彼の肩と片腕とを爪で引っ掻いた。《わが神、わが神、なんぞ我を見棄て給いし?》それから法悦が来て、彼女は信を取り戻した。〈ふたり〉は川の中を、町から遠く離れて、互いに姿を消して行った。煙突から遠く離れて、風に運ばれて流れ去る煙のように。」

  「ここにおいてこそ、人間と動物とを結びつける共通の運命が、テネシー•ウィリアムズの筆によって、輝かしくも明らかに示されているのである。」とガヌは書いています。「不幸な子供の運命と、追い出された猫の運命とは、どんな点で異なっているか? われわれの長い断末魔において誰がわれわれを守ってくれるだろうか? われわれの悲惨において誰がわれわれを救ってくれるだろうか? 誰ひとり救ってはくれないのだ。不幸な人間たちよ、君たちはこの世界の者ではない。なぜならこの世界は清純な人々を嫌悪してこれを投げ棄てるものだからだ。しかし、もしも君が幸運にもニチェヴォのような猫に出会うなら、君はひとりで死ぬことはないだろう。君は愛されたことになるだろう。」

   この本の忘れ難き箇所は、ガヌのかつての多くの飼い猫の中で最も愛したオランプの死を語るところでしょう。オランプは身寄りのない猫を集めた展覧会で、ガヌが買い求めた混血の牝のペルシア猫で、灰色の長い毛を持っていました。オランプは成長するにつれ女王のように気品と威厳をもつようになり、いつも居間のテレビ•セットの上に寝そべって、部屋全体を見回していたのです。オランプは、いつも朝にベッドのところに挨拶に来て、それから主人と一緒に布団の中で水入らずの楽しい時を過ごしました。ある日、居間の窓が開いているのを見て、オランプは飛び出したのですが、目測を誤って、八階から虚空に落ちてしまいました。部屋に連れ戻し、獣医を呼び、オランプは何度か立ち上がろうとしたが、24時間後に安らかに死にました。

  「オランプよ、お前に生命を与えていた息吹が、お前の魂が、永遠に消えたとは私には信じられない。あの世というものがあるなら、私があの世でまず最初に出会うものがお前でないということはありえない。なぜなら私はこの世で出会った多くの人間どもよりも、お前のほうをこそいっそう真実に愛して来たからだ。そうだ、子供のような魂を失うことなくそれゆえに持ち続けている人々にとっては、世界はあまりにも残酷である。あらゆる不正なことどもが償われ、あらゆる嫌悪すべき酷いことどもがその報いを受けて消し去られる場所が、どこかにあるに違いない。私はお前を私の胸に抱き締めて、その〈楽園〉に入っていくだろう。その時には私たちのまわりに、天使の歌が湧き上がることだろう。」

  終わりに一言。ガヌは、人間の野蛮を説いて、猫の気質を賛美します。人間には裏切りが日常的にあるが、猫は一度抱いた愛情を決して翻すことはないと書いています。猫は不快なことをされると必ず復讐するが、それは腕や足を軽く噛んだりすることで、それは噛んだということを知らせるためだけなのです。しかし、人間の復讐は卑劣で陰湿で残酷です。フランス語には、いじめ、虐待に関する単語がたくさんあるのにも驚きますが、いやこれは万国共通でしょう。ガヌは戦後すぐにこの本を書き始めましたが、それゆえに第二次大戦の生々しい記憶も生きています。ヒトラーの行ったユダヤ人の殺戮、解放後ナチと親密だった女性たちを裸にしてパリの街を歩かせた野蛮さなど、猫の支配する国があったら、決して許すまじき所業でしょう。むろんガヌの筆は、人間の動物たちへの虐待にも及びます。ガヌの知人であったリスレール教授は、1匹の兎を用いて白内障の手術の実験をしていた女の助手の場合をガヌに話してくれました。たまたま隣室に居合わせた教授は、兎が人間の叫び声に似た恐ろしい悲鳴をあげるのを聞きました。駆けつけてみると、その娘は兎の目をつぶす前に、麻酔をかけるのを忘れていたことがわかりました。「何ということだろう、犯罪者ともいうべきこの娘は、どうしてその愛人の腕に抱かれておだやかに眠ることができたというのだろう? もし私がその娘を知っていたとしたら、私はそんな行為をした彼女を赦さなかったであろう。そして彼女が目の前にいることにもはや耐え得なかったであろう。」

  動物虐待の凄まじい例は保健所による犬•猫の殺処分でしょう。密閉された箱に二酸化炭素を注入された子猫は苦しみのあまり眼玉が飛び出るほどだそうです。わが家のルーミーは殺処分寸前に保護された猫ですが、窓から工事現場の作業員のグレーの制服を見ると保健所の職員を思い出すのか唸りながら部屋の奥に逃げて行きます。

 

   9d7e4007b2334cb89e02c3a2500afb54

ルーミー。お気に入りの寝場所で。

9887164306004fb39100dd127ddd345c

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

書評 記事一覧

 

深井智朗『パウル・ティリヒ、「多く赦された者」の神学』

 

ヘルマン•カザック『流れの背後の市』

 

ゼーガース『死んだ少女たちの遠足』

 

丸山眞男『日本政治思想史研究』(2)

 

丸山眞男『日本政治思想史研究』(1)

 

4月の読書ノート

 

コロナの陽の下に〈3月の読書ノート〉

 

1月の読書ノート

 

ジルベール・ガヌ『わが愛する猫の記』

 

師走の読書ノート(3)

 

師走の読書ノート(2)

 

師走の読書ノート(1)

 

柴田宵曲『蕉門の人々』(2)

 

柴田宵曲『蕉門の人々』(1)

ワールポラ•ラーフラ『ブッダが説いたこと』

アドルノのキルケゴール論

アドルノ『キルケゴールの愛に関する思想』

真夏の夜のシェイクスピア

E.M.フォースターその他

 

J.S.ミル『代議制統治論』

 

モンテルラン『欲望の泉のほとり』

 

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

 

ギネス・ジョーンズ The Universe of Things

 

近況など

 

正月は残酷な月?

 

2018年の大晦日に

 

マーティン・ジェイ『暴力の屈折』(1)

 

入院生活の諸相

 

中野重治『本とつきあう法』

 

病み上がりのパリ(7)帰国前日・音楽の日

 

病み上がりのパリ(6)ルーアンへの旅

 

病み上がりのパリ(5)パリ・オペラ座を楽しむ

 

病み上がりのパリ(4)ドラクロワ祭?

 

病み上がりのパリ(3)プティ・パレで冷や汗をかく

 

病み上がりのパリ(2)バルザックとロッシーニ

 

病み上がりのパリ(1)ジャスミンの香るホテル

 

藤原保信『ヘーゲル政治哲学講義』(2)

 

織田作之助『船場の娘』

 

ゲザ・ローハイム『龍の中の燃える火』

 

アントワーヌ・コンパニョン『アンチモダン 反近代の精神史』(前編)

 

ヴェルジーリン『植物とわたしたち』

 

森銑三『武玉川選釈』

 

スチュアート・ヒューズ『ふさがれた道』(2)

 

スチュアート・ヒューズ『ふさがれた道』(1)

 

カンタン・メイヤスー『有限性の後でー偶然性の必然性についての試論』(2)

 

カンタン・メイヤスー『有限性の後でー偶然性の必然性についての試論』(1)

 

オデオン広場ふたたび(8)旅の終わり・ブタペスト美術館展

 

オデオン広場ふたたび(7)帰国前日

 

オデオン広場ふたたび (6)『水と夢』と『かもめ』

 

オデオン広場ふたたび(5)ケ・ブランリーと17区のオデオン座

 

オデオン広場ふたたび(4)雨のレピュブリック広場

 

オデオン広場ふたたび(3)ルーヴルとシャン・ド・マルス

 

オデオン広場ふたたび(2)ブラッサンス公園その他

 

オデオン広場ふたたび(1)到着

 

昔の飼猫の思い出

 

フランス語の勉強

 

ナボコフ『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』

 

スタンダール『恋愛論』

 

藤森栄一『かもしかみち』

 

憂愁の巴里(8)帰国

 

憂愁の巴里(7)帰国前日

 

憂愁の巴里(6)モンマルトルの本屋巡り・オペラコミック座

 

憂愁の巴里(5)オペラ・バスチーユの「魔笛」

 

憂愁の巴里(4)ハムレットの悲劇

 

憂愁の巴里(3)シャンゼリゼ劇場のマリア・ストゥアルト

 

憂愁の巴里(2)グランパレのベラスケス

 

憂愁の巴里(1)ブリニエ書店の角を曲がって

 

キドロンの谷の向こうで(3)

 

キドロンの谷の向こうで(2)

 

キドロンの谷の向こうで(1)

 

ベルトラン・ド・ジュヴネル『純粋政治理論』(2)

 

ベルトラン・ド・ジュヴネル『純粋政治理論』(1)

 

ルイス•マンフォード『褐色の三十年』

 

オデオン広場へ(7)帰国、パリのアメリカン•ホスピタル

 

オデオン広場へ(6)何もない一日

 

オデオン広場へ(5)オベルカンフ、天文台、コメディ•フランセーズ

 

オデオン広場へ(4)妻の体調不良

 

オデオン広場へ(3)オペラ座のモンテヴェルディ

 

オデオン広場へ(2)音楽の日•オデオン座のシラノ

 

オデオン広場へ(1)到着•医学校通りのホテル

 

教育について

 

パウル•ティリヒ『ハイデガーとヤスパース』

 

ジョン•オハラ『サマーラの町で会おう』

 

サント=ブーヴ通りで(7)帰国

 

サント=ブーヴ通りで(6)クリニューなど

 

サント=ブーヴ通りで(5)ロダン美術館など

 

サント=ブーヴ通りで(4)ルーヴル

 

サント=ブーヴ通りで(3)雨の日曜日

 

サント=ブーヴ通りで(2)ラ・シルフィード

 

サント=ブーヴ通りで(1)到着

 

ウィラ・キャザー『マイ・アントニーア』

 

ピーサレフ『生活のための闘い』

 

パリ観劇記 帰国 AF278 深夜便

 

パリ観劇記 第六夜 オペラ・ガルニエ 「イポリットとアリシ」

 

パリ観劇記第五夜 オペラ・ガルニエ「ラ・フィユ・マル・ガルデ」

 

パリ観劇記第四夜 オペラ・バスチーユ「セヴィリアの理髪師」

 

パリ観劇記 第三夜 オデオン座「令嬢ジュリー」

 

パリ観劇記 第二夜 ヴィユ・コロンビエ座「アンフィトリヨン」

 

パリ観劇記 第一夜 オペラ・コミック座「真珠採り」

 

藤原保信『ヘーゲル政治哲学講義』(1)

 

ジュリアン・グラック 『森のバルコニー』

 

眼前のボブスレー

 

最悪の一歩手前

 

パリのクリスマス(8)帰国・旅の終わり

 

パリのクリスマス(7)サン・ジェルマン・デ・プレ

 

パリのクリスマス(6)コメディー・フランセーズの『三人姉妹』

 

パリのクリスマス(5)クリスマスのオペラ・ガルニエ

 

パリのクリスマス(4)ムフタール通りとバレエ『白鳥の湖』

 

パリのクリスマス(3)ユゴーの家からモロー美術館へ

 

パリのクリスマス(2)リュクサンブールからシャンゼリゼへ

 

パリのクリスマス(1)到着、パンテオン広場のホテル

 

ウイリアム・J・ブースマ『ギョーム・ポステル』

 

ハンス.H.ホーフシュテッター『象徴主義と世紀末芸術』(3)

 

ハンス.H.ホーフシュテッター『象徴主義と世紀末芸術』(2)

 

ハンス.H.ホーフシュテッター『象徴主義と世紀末芸術』(1)

 

清水克行『日本神判史』

 

ロジャ・ダブ『香水の歴史』

 

ピアーズ・ビゾニー『ATOM 原子の正体に迫った伝説の科学者たち』(3)

 

ピアーズ・ビゾニー『ATOM 原子の正体に迫った伝説の科学者たち』(2)

 

ピアーズ・ビゾニー『ATOM 原子の正体に迫った伝説の科学者たち』(1)

 

メアリー・ボイス『ゾロアスター教』

 

ロマン・ロラン『どこから見ても美しい顔』

 

V.ローザノフ『ドストエフスキイ研究』(3)

 

V.ローザノフ『ドストエフスキイ研究』(2)

 

V. ローザノフ『ドストエフスキイ研究』(1)

 

ジョルジュ・パスカル『カントの哲学』

 

ヘンリー・ミラー『クリシーの静かな日々』

 

アドルノ『アドルノ 文学ノート1』

 

内田魯庵『獏の舌』

 

芥川龍之介編『近代日本文藝讀本』

 

アンリ・マスペロ『道教』

 

パリ再訪(8)帰国の日

 

パリ再訪(7)カルチェ・ラタン

 

パリ再訪(6)クリュニュー、ギメ、バスチーユのオペラ、ポンピドゥー

 

パリ再訪(5)ルーヴル、オペラ座のバレエ

 

パリ再訪(4)ベルヴィル

 

パリ再訪(3)ランス

 

パリ再訪(2)パッシーのピアノ工房

 

パリ再訪(1)

 

A.W.クロスビー『史上最悪のインフルエンザ』(2)

 

A.W.クロスビー『史上最悪のインフルエンザ』(1)

 

Intermission

 

渡辺修三『渡辺修三著作集』

 

ハンス・ケルゼン『プラトニック・ラヴ』

 

シクロフスキー『革命のペテルブルク』(3)

 

シクロフスキー『革命のペテルブルク』(2)

 

シクロフスキー『革命のペテルブルク』(1)

 

ピーター・ゲイ『歴史の文体』

 

G.A.ダリオー『エレガンスの事典』

 

ツルゲーネフ『ハムレットとドン・キホーテ』

 

ノーソフ『ヴィーチャと学校友だち』

 

清水純一『ジョルダーノ・ブルーノの研究』(3)

 

清水純一『ジョルダーノ・ブルーノの研究』(2)

 

清水純一『ジョルダーノ・ブルーノの研究』(1)

 

御田俊一『帝国海軍はなぜ敗れたか』(3)

 

御田俊一『帝国海軍はなぜ敗れたか』(2)

 

御田俊一『帝国海軍はなぜ敗れたか』(1)

 

アンリ・コルバン『イスラーム哲学史』(2)
Histoire de la philosophie islamique par Henry Corbin (2)

 

稲垣足穂『東京遁走曲』

 

ゴーリキー『世の中に出て』(2)
My Childhood by Maxim Gorky (2)

 

ゴーリキー『世の中に出て』(1)
My Childhood by Maxim Gorky (1)

 

サミュエル・バトラー『エレホン』
Erewhon by Samuel Butler

 

ランペドゥーサ『山猫』
Il Gattopardo par Giuseppe Tomasi di Lampedusa

 

アンリ・コルバン『イスラーム哲学史』(1)
Histoire de la philosophie islamique par Henry Corbin (1)

 

モーリス・バレス『グレコ -トレドの秘密』
Greco, ou Le secret de Tolede par Maurice Barrès

 

 

 

アレクサンドル・グリーン『波の上を駆ける女』
She Who Runs on the Waves by Alexander Grin

デーブリーン『ポーランド旅行』
Reise in Polen by Alfred Döblin

 

シメリョフ『レストランのボーイ』
Chelovek iz restorana par Ivon Shmelyov

 

 

 

カルロ・アントーニ『歴史主義から社会学へ』(2)マックス•ヴェーバー
Dallo storicismo alla sociologia by Carlo Antoni (2)

 

カルロ・アントーニ『歴史主義から社会学へ』(1)ヴィルヘルム•ディルタイ
Dallo storicismo alla sociologia by Carlo Antoni (1)

 

憂愁書架特別編

パリ滞在記第十二日帰国

 

パリ滞在記第十一日オペラ・ガルニエ

パリ滞在記第十日カルチェ・ラタン

パリ滞在記第九日クリュニー、ルーヴル


パリ滞在記第八日ガーゴイル

パリ滞在記第七日マレ、モンマルトル

 

パリ滞在記第六日ペール・ラシェーズ

 

パリ滞在記第五日散策

 

パリ滞在記第四日オルセー

 

パリ滞在記第三日サン・ドニ

 

パリ滞在記第二日モンパルナス

 

パリ滞在記第一日到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミルチャ・エリアーデ『オカルティズム・魔術・文化流行』
Occultism, witchcraft and cultural fashions by Mircea Eliade

 

ジャネット・フラナー『パリ点描1925-1939』
Paris was yesterday by Janet Flanner

 

ロバート・ラッセル『天使をこの手に』
To Catch an Angel by Robert Russelle

 

 

ジョージ・エリオット『サイラス・マーナー』
Silas Marner by George Eliot

 

 

 

カンディンスキー/フランツ・マルク『青騎士』
Der Blaue Reiter von Kandinsky/Franz Marc

 

 

T. ワイルダー『サン・ルイス・レイ橋』
The Bridge of San Luis Rey by Thornton Wilder

 

J.P.ヴェルナン『ギリシャ思想の起原』
Les origines de la panseé Grecque par Jean-Pierre Vernant

 

J.C.キャネル『フーディーニの秘密』
Secrets of Houdini by J.C.Cannel

 

永井荷風『江戸芸術論』
Del'art de Edo par Kafu Nagai

 

萩原朔太郎『郷愁の詩人 与謝蕪村』
Buson, un poéte nostalgique par Sakutaro Hagiwara

 

メーリケ『旅の日のモーツァルト』
Mozart auf der Reise nach Prag von Eduard Friedrich Morike

 

エルンスト・ブシォール『或るアッティカの少女の墓』
GRAB EINES ATTISCHEN MÄDCHENS von ERNST BUSCHOR

 

エリアス・カネッティ『酷薄な伴侶との対話』
DAS TAGEBUCH UND DER MODERNE AUTOR Hrsg. von Uwe Schultz

 

アラン『裁かれた戦争』(2)
Mars ou la guerre jugée par Alain (2)

 

アラン『裁かれた戦争』(1)
Mars ou la guerre jugée par Alain (1)

 

フォンターネ『北の海辺』『迷路』
Unwiederbringlich / Irrungen Wirrungen von Theodor Fontane

 

ラフカディオ・ハーン『骨董』
KOTTO by Lafcadio Hearn

 

ホルクハイマー/アドルノ『啓蒙の弁証法』(その2)
Dialektik der Aufklarung : philosophische Fragmente by Max Horkheimer and Theodor W. Adorno  (2)

 

Th.W. アドルノ『楽興の時』
Moments musicaux von Theodor W. Adorno

 

ジョージ・ムア『湖』
The Lake by George Moore

 

L.M. モンゴメリ『赤毛のアン』
Anne of Green Gables by Lucy Maud Montgomery

 

 

トーマス・マン『リヒァルト・ヴァーグナーの苦悩と偉大』
Leiden und Grosse Richard Wagners von Thomas Mann

 

 

ホルクハイマー/アドルノ『啓蒙の弁証法』
Dialektik der Aufklarung : philosophische Fragmente by Max Horkheimer and Theodor W. Adorno

 

ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』
Die Welt als Wille und Vorstellung von Arthur Schopenhauer

 

ケネス・クラーク『風景画論』(3)
Landscape into Art by Kenneth Clark (3)

 

ケネス・クラーク『風景画論』(2)
Landscape into Art by Kenneth Clark (2)

 

ケネス・クラーク『風景画論』(1)
Landscape into Art by Kenneth Clark (1)

 

ブルガーコフ『巨匠とマルガリータ』
The Master and Margarita by Mikhail Afanasievich Bulgakov

 

S.H. ブチャー『ギリシア精神の様相』
Some Aspects of the Greek Genius by J.G.Butcer

 

ジョルジュ・ロシャク『ルイ・ド・ブロイ』
Luis De Broglie par Georges Lochak

 

ジェイムズ・サーバー『マクベス殺人事件の謎』
My World - And Welcome To It by James Thurber

 

ゲーテ『タッソー』
Torquato Tasso von Goethe

 

エルンスト・ブロッホ『異化』
Verfremdungen Ⅰvon Ernst Bloch

 

井上究一郎『忘れられたページ』
Les Pages Oublié par Kyuichiro Inoue

 

パール・バック『母よ嘆くなかれ』
The Child who Never Grew by Pearl Buck

 

 

 

G・ガルシア=マルケス『コレラの時代の愛』
El amor en los tiempos del cólera par Gabriel Garcia Marquez

 

 

 

エドガー・ウィント『芸術と狂気』
ART AND ANARCHY by Edgar Wind

 

斎藤緑雨『おぼえ帳』
Notes par Ryokuu Saito

 

アナトール・フランス『昔がたり』
Pierre Noziére par Aatole France

 

ファン・フーリック『古代中国の性生活』(2)
Sexual Life in Ancient China by Robert Hans van Gulik (2)

 

ファン・フーリック『古代中国の性生活』(1)
Sexual Life in Ancient China by Robert Hans van Gulik (1)

 

川口松太郎『鶴八鶴次郎』
Turuhati et Turujirou par Matutarou Kawaguti

 

スーザン・ソンタグ『反解釈』
Against Interpretation by Susan Sontag

 

レオ・シュトラウス『ホッブズの政治学』
Hobbs' Politische Wissenschaft von Leo Strauss

 

ブールジェ『現代心理論集』(2)ボードレール
Essais de Psychologie contemporaire par Paul Bourget
(2) Baudelaire

 

ブールジェ『現代心理論集』(1)フロベール
Essais de Psychologie contemporaire par Paul Bourget
(1) Flaubert

 

幸田文『父ーその死』
La mort de mon père par Aya Koda

 

サマセット・モーム『ドン・フェルナンドの酒場で』
Don Fernando by William Somerset Maugham

 

アクサーコフ『家族の記録』(2)
CEMEЙHAЯ  XFOHNKA by C.T.AKCAKOB

 

アクサーコフ『家族の記録』(1) 
CEMEЙHAЯ  XFOHNKA by C.T.AKCAKOB

 

シング『アラン島』
The Aran Islands by John Millington Synge

 

ルナン『思い出』(2)
SOUVENIR D'ENFANCE ET DE JEUNESSE par Ernest Renan

 

ルナン『思い出』(1)
SOUVENIR D'ENFANCE ET DE JEUNESSE par Ernes Renan

 

E.R.クルティウス『読書日記』
Buchertagebuch von Ernst Robert Curtius

 

 

 

 

クラウス・マン『転回点ーマン家の人々』
Der Wendepunkt : Ein Lebensbericht von Klaus Mann

 

 

 

ラーゲルレーヴ『ポルトガリヤの皇帝さん』
KEJSARN AV PORTUGALLIEN by Lagerlöf

 

ウォルター・ペイター『ルネサンス』
THE RENAISSANCE by Pater

 

R.L.スティーヴンソン『旅は驢馬をつれて』
TRAVELS WITH A DONKEY IN THE CEVENNES by Stevenson

 

エドワード・W・サイード『オスロからイラクへ』
From Oslo To IRAQ And The Road Map by Edward W. Said

 

加能作次郎『恭三の父』
Le père de Kyozo par Sakujiro Kanoh

 

ベラ・バラージュ『視覚的人間』
DER SICHTBARE MENSCH von Béla Balàzs

 

ベッケル『緑の瞳・月影』
LEYENDAS von Gustavo Adolfo Bécquer

 

C.E.マニー『アメリカ小説時代』
L'Age du Roman Américain par Claude-Edmonde Magny

 

デ・サンクティス『イタリア文学史 中世』
Storia della letteratura italiana di Francesco De Sanctis

 

アラルコン『割符帳』
El libro talonario por Pedro Antonio de Alarcon

 

ラファイエット夫人『クレーヴの奥方』
La princesse de Clèves par Madame de Lafayette

 

モリエール『ドン・ジュアン』
Don Juan ou le Festin de Pierre par Molière

 

N.フライ『エミリ・ディキンソン』
Emily Dickinson by Northrop Frye

 

P.アクロイド『T.S.エリオット』
T.S.ELIOT by Peter Ackroyd

 

メダルト・ボス『夢ーその現存在分析』
DER TRAUM UND SEINE AUSLEGUNG von Medard Boss

 

上林暁『聖ヨハネ病院にて』
At St.John Hospital by Akatsuki Kanbayashi

 

マイケル・ホワイト『ナルニア国の父 C.S.ルイス』
C.S.LEWIS The Boy Who Chronicled Narnia by Michael White

 

シュティフター『水晶』
Bergkristall von Adalbert Stifter

 

チェーホフ『犬を連れた奥さん』
Dama s sobachkoi by Anton Pavlovich Chekhov

 

ジェーン・オースティン『説きふせられて』
Persuation by Jane Austen

 

バートランド・ラッセル『幸福論』
The Conquest of Happiness by B.Russel

 

モーパッサン『ペルル嬢』
Mademoiselle Perle par Guy de Maupassant

 

グロウウ゛『フランツ・シュウベルト』
Franz Schubert by Sir George Grove

 

ルドルフ・ブルトマン『イエス』
Jesus von Rudolf Bultmann

 

メルロ=ポンティ『意味と無意味』
Sens et Non-sens par Maurice Merleau-Ponty

 

アーサー・シモンズ『エスター・カーン』
Esther Kahn by Arthur Symons

 

アンリ・ペリュショ『セザンヌ』
La vie de Cezanne par Henri Perruchot

 

ゲルツェン『ロシヤにおける革命思想の発達について』
Du developpement des idees revolutionnaires en Russie par Herzen

 

H.ハイネ『流刑の神々・精霊物語』
GÖTTER IM EXIL 1853 / ELEMENTARGEISTER 1835-36
von Heinrich Heine

 

カフカ『カフカ最後の手紙』
Franz Kafka : Briefe an die Eltern aus den Jahren 1922-1924

 

廣津柳浪『八幡の狂女』
Une folle de Yawata par Ryu'uro HIROTSU

 

ゴーチェ『青春の回想』
Histoire du romantisme par Théophile Gautier

 

A. ウェイリー『李白』
The poetry and career of Li Po by Arthur Waley

 

ピエール・ロチ『お菊さん』
Madame Chrysanthème by Pierre Loti

 

イザベル・レイトン編『アスピリン・エイジ』
The Aspirin Age Edited by Isabel Leighton

 

アンドレーエフ『ラザロ』
Lazarus by Leonid Nikolaevich Andreev  

 

フォークナー『八月の光』
Light in August by William Faulkner

 

ヨーゼフ・ロート『聖なる酔っぱらいの伝説』
Die Legende vom heiligen Trinker von Joseph Roth

 

モルナール『リリオム』
Liliom by Ferenc Molnar

 

ディルタイ『体験と創作』
Das Erlebnis und die Dichtung von Wilhelm Dilthey

 

丁玲『霞村にいた時』

 

ラーベ『雀横丁年代記』

 

ギャスケル『女だけの町』

 

『20世紀イギリス短編選』

 

ヴァッケンローダー『芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝』

 

福田恆存『演劇入門』

 

ドーデー『風車小屋だより』

 

中村光夫『二葉亭四迷伝』

 

ジイド『ソヴェト旅行記』

 

ヤコブセン『ここに薔薇ありせば』

 

シュテファン・ツヴァイク『昨日の世界』

 

清水好子『紫式部』

 

S.H.ナスル『イスラームの哲学者たち』

 

W.B. ギブソン『奇跡と大魔法』

 

イポリイト・テーヌ『プロスペル・メリメ』

 

ケネス・グレアム『たのしい川べ』

 

ジャック・ロンドン『荒野の呼び声』

 

ジョージ・オーウェル『オーウェル評論集』

 

夏目漱石『門』

 

W.ハース『ベル・エポック』

 

ズーデルマン『憂愁夫人』

 

アイザィア・バーリン『ジョセフ・ド・メストルとファッシズムの起源』

 

ロバートD.カプラン『バルカンの亡霊たち』

 

スエトニウス『ローマ皇帝伝』

 

渡辺照宏『日本の仏教』

 

 

 

谷崎潤一郎『或る少年の怯れ』

 

フロマンタン『オランダ・ベルギー絵画紀行』

 

柳宗悦『柳宗悦茶道論集』

 

ファン・フーリク『中国のテナガザル』>

 

エミール・マール『ヨーロッパのキリスト教美術』

 

樋口一葉『わかれ道』

 

ジル・ドゥルーズ『スピノザ』

 

ふたたび『ギリシア宗教発展の五段階』

 

ギルバァト・マレー『ギリシア宗教発展の五段階』

 

クラウス・シュライナー『マリア 処女・母・女主人』

 

メアリー・カー『うそつきくらぶ』

 

イーヴリン・ウォー『ブライヅヘッドふたたび』

 

小林よしのり『東大一直線』

 

R.H. ロービア『マッカーシズム』

 

葛洪『抱朴子』

 

古谷綱正『私だけの映画史』

 

 

 

佐貫亦男『発想のモザイクー技術開発の民族風土』

 

アーセン・ベンゲル『勝者のエスプリ』

 

ヒメネス『プラテーロとわたし』

 

クルーチ『みごとな生命の連鎖』

 

アーレント『過去と未来の間』

 

『列子』を読みながら

 

スピルバーグの『A.I』

 

魯迅『朝花夕捨』

 

ブルクハルト『イタリア・ルネサンスの文化』

 

天草本『伊曾保物語』

 

チョムスキー『言語と認知』

 

ユンガー=シュミット往復書簡

 

フランシス・ベイコン

 

エレンブルグのスタンダール論

 

ジョルジュ・サンド『魔の沼』

 

中島敦『李陵』

| | コメント (2)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »