« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月 9日 (土)

柴田宵曲『蕉門の人々』(2)

  天気が良くなったので、神田の古本祭りに行ってきました。妻のオフィスがその近くにあるので、お昼にブックブラザー源喜堂の前で待ち合わせて、すずらん通りのサンマルクカフェでウィンナコーヒーを飲みました。妻と別れてから、神保町の並べられた平台を一通り見て、四冊ほど本を買って帰りました。田舎から段ボールに入った野菜が届けられていて、開けると、サツマイモやピーマンや柿や蜜柑などが入っていました。サツマイモを見ると何故か遠い昔を思い出します。母が、ふかし鍋でふかした熱々のサツマイモを取り出して、パクッと二つに割って幼い私に渡してくれるのです。ところで、前回の記事で披露した俳句ですが、妻は、思ったほど下手でなかったと言ってくれたので、調子に乗ってまた作ってみました。

    空高しラグビーボール蹴られたり

    去来抄小銭で買わん本の市

    亡き母よふかしてたまへ薩摩いも

  〈惟然〉さて、柴田宵曲が次に取り上げるのは広瀬惟然です。惟然の場合、肝心の年譜が判然としないのですが、美濃の大きな酒造家の三男坊として生まれ、40歳近くで妻子を捨てて出家。その頃、旅の途中美濃を訪れた芭蕉に出会い、その門下になります。芭蕉はその頃44歳で、惟然はその後7年間芭蕉に薫陶を受け、伊勢から難波までの師の最後の旅にも付き添っています。惟然は何よりもその奇行で知られています。乞食よりも粗末な身なりをしていたので、どこでも宿所を断られ、一時住んだ小屋は四畳半で、真ん中に柱があったそうです。伴嵩蹊の『近世畸人伝』には芭蕉の門人が二人載っていますが(もう一人は丈艸)、それによると、惟然は名古屋で豪家に嫁いで侍女たちを連れて歩いている実の娘に偶然出会います。行方不明の父に会って娘は懐かしさで袖をつかまえ、何処でどのように暮らしているのか涙ながら父に問います。惟然も思わず涙を流しますが、

  両袖に唯何となく時雨哉

と言い捨てて走り去ってしまいます。その後、娘が惟然の京都の住居を尋ね当て訪問すると、惟然は、

  おもたさの雪はらへどもはらへども

という句を人に託して越後の方へ旅立ってしまいます。

    思えば、芭蕉の風狂の精神を一身に継承したのは、ただ一人惟然だったのです。芭蕉も惟然について「性素にして、ふかく風雅に心ざし、能く貧賤にたへたる事をあはれみ」て、その俳句修業を助けたのです。しかし、芭蕉は道半ばにして倒れました。芭蕉を仏とも神とも思い、すべてを抛擲して師に仕えた惟然にとって、師の死はあまりに衝撃でした。以後、惟然は風羅念仏というものを唱えながら、九州、四国、近畿などを放浪します。それは、「古池や~蛙とびこむ~水の音~南無阿弥陀~」などという芭蕉の俳句を歌いながら念仏を唱えるものでした。

    俳句においても、惟然は師に教えられた無分別というキーワードを頼りに、次第に造りものを捨て、極端にまで素朴に徹していきます。彼は、教えを乞うて訪ねる人びとに「句は悪くするように作れ」と教えました。惟然が達した句の境地はつぎのようなものです。

  梅の花赤いは赤いはあかいはな

  水さっと鳥よふはふはふうわふわ

  きりぎりすさあとらまえたはあとんだ

  あれ夏の雲又雲のかさなれば

    これらは、家を捨て妻子を捨てたように、俳句から一切の技巧を遮断し、無分別に徹してはじめて可能かも知れない境地です。許六はもちろん、去来でさえ許容できないと感じたこの境地は後代になって小林一茶によって復活を見るのですが、俳句としては破綻しているのかも知れません。「彼は一切を捨てて風狂に身を委ねたのである」と宵曲は惟然について言っています。「芭蕉さえ健在であったならば、惟然も風羅念仏を歌って浮かれ歩く必要もなかったろうが、また一方から考えれば一たび芭蕉に遭い得たからこそ、風羅念仏を歌ってでも残生を全うしたのであろう。芭蕉に別れた惟然の悲愁は同情に堪えぬけれども、芭蕉に遭い得なかった人、たとい遭い得ても彼のごとく魂の契合を見出し得なかった人に比べれば、彼は遥かに幸福であったと言わねばならない。」

    ところで私は惟然が好きなのですが、その半端ない生き方に加えて、彼がまだ「素牛」という号で作っていた俳句は、『猿蓑』での凡兆や去来と同じ水準に達していると思うからです。

  山吹や水にひたせるゑまし麦

  蜻蛉や日は入ながら鳰(にお)の海

  竹の葉やひらつく冬の夕日影

  枯蘆や朝日に氷る鮠(はえ)の顔

    これらの句は直感というより完璧を求める精神の高さを表していますが、また観賞する方も流し読みでは捉えきれない一語一語の言葉の深みを感ずるはずです。ゑまし麦とは(『蕉門名家句選』の堀切実の解説によれば)水に浸した麦のことで、その水の中にあざやかな山吹色の花をつけた枝が活けてあるというのです。平凡な農家の台所の朝の情景が一気に魔法の光で天然色に彩られるようです。「鳰の海」とは琵琶湖の異称で、丘みどりの演歌でも有名ですが、宵曲は自身琵琶湖を周航した時、偶然入り日と蜻蛉の瞬間を体験して感動に打たれたと書いています。琵琶湖の大景と蜻蛉の一見無造作な取り合わせが作る入り日の光景が素晴らしい。「竹の葉」の句は、江戸時代初期の僧で漢詩人、元彦根藩士で46歳で亡くなった元政上人ゆかりの深草の庵を訪ねた時の句。予が墓には竹三竿を植えよ、という遺言で、惟然の頃にも竹が三本植っていたらしい。ひらつく(ひらひらする)という語がなかなか秀逸。「鮠」とはハヤのこと。川面の薄氷の下に鮠が顔を覗かせているのです。朝の光、枯れて先っぽの折れた蘆、凍てつく冬の光景、これはまず江戸時代を通じて最上の俳句の一つでしょう。

    最後に秀句とは言えないが惟然らしい句を挙げてみます。

  夏の夜のこれは奢(おご)りぞあら筵(むしろ)

  ひだるさに馴れてよく寝る霜夜かな

  短夜や木賃もなしでこそはしり

  しる人になりてわかるるかゞしかな

  かるの子や首指し出して浮藻草(ひるもぐさ)

  撫子やそのかしこきにうつくしき

   寝るところを所望したらあら筵を貸してくれた。いつも地面の上で横になるのでこれは贅沢すぎる、という句。「ひだるさ」は空腹、ひもじさのことだそうです。空腹だと寝られないのが普通ですが、馴れてしまえば寒い霜夜でもよく眠れるというのです。「短夜や」の句は前書によると、木賃宿で一夜を明かしたが気付くと宿賃の持ち合わせがない、仕方なく枕元の唐紙にこの句を書いて逃げ去ったとのこと。「しる人に」の句は二、三日でも同じ場所に居ると案山子とも仲良くなって別れも少しさびしいという惟然ならではの句です。「かるの子」はカルガモの子のこと。「撫子」の句と同様生きとし生けるものへの惟然の愛情がわかります。

   「惟然は党を立てて人と争い、論を以て他に見ゆる風の人ではなかった。」と宵曲は書いています。孤高を恐れず、貧しさは心を軽くすると考えていた惟然は、蕉門の他の誰よりも精神の高貴さを感じさせます。『近世畸人伝』の伴嵩蹊は、惟然坊の項の最後に惟然の、

  人はしらじ實(げに)此道のぬくめ鳥

という句を引用し「其の情その生涯のありさまをしるべし。」と結んでいます。「温め鳥」とは冬の季語で、鷹が暖をとるために雀などの小鳥を捉えて足を温めることで、朝になると小鳥を放し、その日はその方角へは狩りに行かないという。人は知らないだろうが、自分は人の世の温め鳥であった、という意味でしょうか。凡兆や去来•丈艸についても書くつもりでしたが、疲れたので、後日書けたら書くことにします。

 

79698bd45d53445c837fc0440d501434

C192e9b5311e4963a27d6810d4103b7a

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

柴田宵曲『蕉門の人々』(1)

  以前も書きましたが、なかなか眠れないことが多く、睡眠不足で日常を過ごすことが多い。いわゆる睡眠障害なのですが、先日、妻のお供で目黒の雅叙園に行った夜は久しぶりにぐっすり眠れました。地下鉄を乗り継いで都心に出て、人の多さに疲れたのでしょうが、ぐっすり眠りすぎて、起きてから具合が悪くなりました。寝疲れというのか、ぐったりして、座っていることも辛く、結局、一日中伏せっていました。気力が吸い取られていくような気持ちで、これはいよいよお迎えが来たのかと消沈したのですが、夜に妻が厚揚げを焼いて、上にたっぷりの大根おろしと味ぽんをかけてくれたので少し気分が良くなりました。ソファに起き上がって、菊正宗を一合きっかり熱燗にして飲むと、私の好きな芭蕉の句、

  身にしみて大根辛し秋の風 (更科紀行)

が、頭に浮かんで来ました。それで、何十年ぶりに自分でも下手な俳句を作ってみました。

  人の世の大根汁の辛さかな

  秋時雨厚揚げ君が焦がしたる

  一合の酒で祝せり即位礼

    ところで、芭蕉は51歳で大阪御堂前の花屋で痢疾で亡くなっていますが、その門人たちの歿年を調べてみました。長生きの順から、杉風(86)、野坡(78)、凡兆(74)、許六(69)、支考(66)、惟然(63)、曾良(61?)、嵐雪(54)、去来(53)、其角(47)、丈艸(42)などですが、こう見ると、芭蕉は短命の方だったようです。『野ざらし紀行』からはじまる数度の、また遠距離の旅がやはり体には過酷だったのでしょうか。(ちなみに蕪村は68、一茶は65歳で亡くなっています。)杉風が長命だったのは、大きな魚問屋の跡取りで良質な蛋白質を摂っていたからでしょうか。蕉門四哲と言われる其角•嵐雪•去来•丈艸が芭蕉を中央値として微妙にバランスとっているのも面白い。

    柴田宵曲の『蕉門の人々』(岩波文庫)は、其角•嵐雪•惟然•凡兆•去来•丈艸•史邦•木導•一笑の九人についての俳諧随筆ですが、随筆だから好きに書けと言っても、許六•支考•野坡•杉風などを省略しているのがいかにも宵曲らしい。大問屋の杉風、越後屋三井の番頭格だった野坡など商人俳人を嫌ったのはわかるし、許六•支考など芭蕉の死後に後継者を自認して方々に宣伝して回った図々しい連中を遠ざけるのもわかる。要するに、宵曲の愛読者は、宵曲の愛したこれら九人の幸福と言ってもいい、不幸と言ってもいい、純粋に俳句に殉じた人たちを愛するのです。順を追って紹介しましょう。

  〈其角〉江戸人であり、興隆期元禄のエネルギーを余すところなく表現した其角は、自然よりも人事、景色より生活を多く詠み込みました。都会人としての其角の特色は、一種繊細で震えるような感性の揺らめきです。

  綿とりてねびまさりけり雛の顔

   しまってあった雛を出して、顔を包んだ綿を取る、これは古来幾多の人が幾度繰返したかわからぬ経験ですが、その瞬間、雛の顔のなんとなく「ねびまさり(大人びた)」たることを感じる、これは一人其角だけが、精妙で繊細な心を持った人間だけが感じ、よむことができる一種微妙な趣です。一年(ひととせ)の間に、ねびまさったのは人形なのか、それともわが心なのでしょうか。宵曲は、この俳句は、蕪村の「箱を出る顔忘れめや雛二対」よりも優れていると書いています。「ねびまさり」という平安朝語が、一気に私たちを雛のふるさとである王朝世界へ誘って行くのです。宵曲は、其角のこのような繊細な感受性の表れた句をいくつか紹介しています。

  うつくしき顔かく雉(きじ)の距(けづめ)かな

  枇杷(びわ)の葉やとれば角なき蝸牛(かたつむり)

  五月雨や傘(からかさ)につる小人形

    私は、さらに、其角の別の特徴を指摘したいと思います。彼のもっとも有名な句は次の一句です。

  きられたる夢はまことか蚤の跡

    前書に「いきげさにずでんどうとうちはなされたるがさめて後」とあるようにバッサリ斬られた夢を見て、醒めてみると何と蚤に喰われていたというのです。実際は、斬られた夢と蚤の跡とは直接関係ないのだろう、と宵曲は書いていますが、そうでしょうか。其角は、芭蕉や去来や許六のように句をあれこれ悩んで推敲することの少ない作家でした。彼の句のほとんどは実体験をそのまま作句したのだと思われます。私はごく幼少の頃、熱を出して眠りこんでいる時に、かかりつけの女医さんが私の家に来て、お尻に注射を射たれたことがあります。その時、私は急行列車にお尻を轢かれる夢を見たのですが、このようなことは誰しも経験あることでしょう。其角は叙情的でロマン的な嵐雪と違って、即物的で、何かを作り出すことはほぼありません。いくつか句を見てみましょう。

  青柳に蝙蝠(かわほり)つたう夕ばえ也

  炭屑にいやしからざる木のは哉

  うすらひやわづかに咲(さけ)る芹の花

    「かわほり」とはコウモリのこと。青柳は春の季語で、『蕉門名家句選』(岩波文庫)の編者堀切実の解説によれば、夏に出るコウモリが、まだ春なので青柳をつたうように飛んでいく景色ということです。江戸市中の夕方、掘割に沿う青柳の並木とそれを沿って飛んで行く小さな黒いコウモリ、何という絶妙の江戸の光景でしょうか。炭屑を掻き回してまだ使える炭を探していると、昔の歌に出てくるような優美な木の葉が混じっていた。俗と雅の静かな出会いが俳人の目にとまります。「うすらひ」は春の季語で薄氷のこと。芹は春の七草で、白い花を咲かせるのは夏になってから。何か別の白い花を芹と見間違えたのか、それとも早咲きの芹の花に偶然出会ったのか。「わずかに咲る」という言葉がその体験の真実さを語っています。

   最後に私の好きな其角の句を挙げておきましょう。

  越後屋に衣(きぬ)さく音や更衣(ころもがへ)

  桐の花新渡(しんと)の鸚鵡(おうむ)不言

  銭湯を沼になしたる菖(あやめ)かな

  煮凍(にこごり)や簀子(すのこ)の竹のうす緑

   越後屋呉服店の前を通ると、袷(あわせ)に使う帛(きぬ)をさく音がしたという。春から夏へ、綿入れから袷への衣替えの音。名句であり、都会的で其角ならではの句ですが、なぜか快い緊張感もあります。学生の時の文化祭で、江藤淳が講演に来て、昔の越後屋(三越)の話(履物を脱いで上がるとか)をしてくれました。その後に吉本隆明が出てきて何か話したのですが、それはすっかり忘れてしまいました。「桐の花」は夏の季語。江戸市中長崎屋でオランダ渡来品を見ての感想。不言は「ものいはず」と読むとか。人声の真似をするという鸚鵡が意外にも何も話さなかったという。端午の節句の菖蒲湯は、今でも続いていて、子供の時の銭湯でもたくさん入れてありました。私の長男は幼い頃柏餅よりも菖蒲湯を楽しみにしていました。「煮凍」は冬の季語で、煮魚を汁と一緒に寒風に置いておくと黒褐色のゼリー状になります。死んだ母の好物で、命日の一月には魚屋の棚に煮凍を見つけると買って母を偲びます。蕪村は、其角の秀句は二十句足らずだが、どの句も読みだすと飽きることがない、と言っています。高い水準の評価だが、蓋し納得いく言と言えましょう。

   〈嵐雪〉服部嵐雪は、其角より七歳年長だが、芭蕉の門下に入ったのは同年で、其角14歳嵐雪21歳のときでした。二人とも俳人特有の雑学•教養に秀でて、漢詩•漢文•和歌•物語を自在に引き出すことができました。江戸蕉門の中心人物であり、自らもそれぞれ一派を成すほどの有名人でした。都会的で繊細な感受性は二人共通ですが、どちらかというと、其角が豪放磊落、嵐雪が雅馴と言ってよい、と宵曲は書いています。さらに嵐雪には奔放な想像力があり、宵曲に言わせると其角にないやさしさもあるということです。印象に残る句をいくつか挙げてみましょう。

   稲妻にけしからぬ神子(みこ)が目ざしやる

   蛇いちご半弓提げて夫婦づれ

   嵯峨中の淋しさくゞる薄(すすき)かな

   ふとん著(き)て寝たる姿や東山

    嵐雪は其角同様、江戸の外に出ることは稀でした。芭蕉の「漂泊の思い」はついに両人には無縁だったのです。江戸の喧騒と娯楽と気の合った俳句仲間と酒があれば十分だったので、しかも彼ら二人は俳諧点者として相応の報酬を受け、大名、豪商とも付き合いがありました。しかし、そんな嵐雪もたまさか江戸を離れると、感受性がさらに刺激を受けて、自在の句を思いつくようです。「稲妻に」の句は越後の碓氷権現に赴いたときの句。神楽殿での奉納神楽の最中に稲妻が光り、その刹那に舞を踊る神子の目が怪しく光ったというのです。「けしからぬ」は不思議な神秘的な、の意。この世ならぬ瞬間の見事な描写です。「蛇いちご」の句は和歌山の遠津嶋根あたりの絵を見ての感慨。謎めいていて説明不可能。ゴーギャンやアンリ•ルソーの絵を思い出します。なお、秋櫻子に「ふるさとの沼のにほひや蛇苺」という句があります。嵯峨は心内の淋しさに気づかされる場所なのでしょうか。玉川(多摩川)のススキでは俳句になりません。京洛の東山の風景は嵐雪のこの句でぴたりとした形容を得たようです。しかし、こんな比喩を誰が思いつくでしょうか。

    出替(でかわり)や幼なごころに物あはれ

    艸(くさ)の葉を遊びありけよ露の玉

    初菊やほじろの頬の白き程

    梅一輪一輪ほどの暖かさ

     宵曲の云う「やさしさ」は多分こんな句に表れているのでしょう。「出替」は春の季語。奉公人が年季を終えて暇乞いするのですが、子供ながらに別れの淋しさを何となく感じるのです。朝露の清澄さは古来歌にも多くよまれて来ましたが、コロコロと転がる様を「遊びありけよ」は嵐雪らしい。川端茅舎の仏教臭い「金剛の露一粒や石の上」よりずっとよいでしょう。「初菊」はむろん秋の季語。先日、病院の帰りに菊の品評会に寄りましたが、背の高く豪奢に花弁を開かせた菊はどうも好きになれません。これが菊か、と思うほどに白い蕾をのぞかせているかわいい菊に心惹かれます。それをほじろの白い頬のようだと形容するのは天才の直感でしょう。「梅一輪」の句は広く人口に膾炙していますが、そのおかげで、この句を思い出さずには梅見ができないほどです。私はもちろん桜より梅を愛します。

    嵐雪は晩年痔疾に苦しんだようですが、痛ましくもややユーモアも含んだ、これもやはり嵐雪ならではでしょう。

  老ひとつこれを荷にして夏衣

  痩(やす)る身をさするに似たり秋の風

  霜の菊杖がなければおきふしも

  一葉ちる咄(とつ)ひとはちる風の上 (辞世)

    年老いたけれど考えてみればそれ以外の重荷はない。夏衣を着るように気軽です。人生のもっとも自由な時期は引退してから病に倒れるまでのわずかな期間に違いない、確かにこれは真実でしょう。「老ひとつ」という句の出だしが秀逸。「痩する」の句は多分痔の出血で痩せたのでしょうが、秋のひんやりした風がやさしくさすってくれるように感じられるのです。「霜菊」は冬の季語で、先日の品評会で地面を這うような霜菊のすばらしい盆栽を見ました。もはや立ち上がれなくなった自分を、それでも強靭な霜菊に喩えているのです。『蕉門名家句選』(上)の解説によれば、宝永三年冬、つまり死の一年前、痔が悪化して一時危篤になり門人から見舞いを受けたときの句だそうです。「一葉ちる」は壮絶で、かつ清明な辞世の句です。「咄」はこれも堀切実の解説によれば禅の「喝」と同じだそうです。晩年禅に親しんだ嵐雪は死に臨んで、自分自身に喝を入れているのです、よし、これが人生だった、と。

   蕪村の言によると、嵐雪は其角と比べてその下位互換らしいのですが、とんでもない。宵曲の云うように、同じ兄弟でも違いがはっきり判るように其角と嵐雪は違います。最後に私の好きな嵐雪句を二つ紹介しましょう。

  君こずば寐粉(ねこ)にせんしなのゝ真そば初真そば

  沢庵の若衆せゝりや雪のふみ

    「君こずば」の句には「信濃催馬楽」という前書が付いています。催馬楽とは古代歌謡のひとつで、もともと庶民の恋愛などを歌ったものだそうで、信濃催馬楽にはその素朴さが残っているようです。そば粉は時間が経つと湿って味が落ちてしまいます。「真そば初真そば」という字余りが急き立てるような心のときめきを上手く表しています。沢庵は人も知る反骨の名僧で、弟子も墓もいらない、という禅を極めた生き方で有名です。その沢庵が退屈な雪の夜に男色の相手を寺に呼んでせせろう(いじるの意)というのですから穏やかでない。むろん嵐雪らしい奔放な想像です。

    長くなったので、去来•丈艸•凡兆•惟然は(2)にまわします。宵曲は中央区日本橋生まれだが、其角や嵐雪の都会風俳諧は好みでなかったようで、凡兆•去来ら関西蕉門により惹かれていたようです。

Ca7afdad92924e8b82fe8df7cd169c3c

家にある岩波文庫の俳書を並べてみました。堀切実の『蕉門名家句選』上下にはたいへんお世話になりました。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »