« 御田俊一『帝国海軍はなぜ敗れたか』(2) | トップページ | 清水純一『ジョルダーノ・ブルーノの研究』(1) »

2008年9月24日 (水)

御田俊一『帝国海軍はなぜ敗れたか』(3)

<なぜアメリカに敗れたか>

 辻政信が大和を訪れたとき、山本五十六と井上成美が冷房の効いた部屋で寛いでいた、と先に書きましたが、山本も井上も海軍きっての戦艦不要論者でした。戦艦不要論が彼らの場合、戦艦を出撃せず「大和ホテル」として司令官たちの心地よい居住場所とする言い訳になっているのです。戦艦不要論、航空隊重視の論は当時もすでに声高に言われていた意見ですが、はたしてそれは正しかったのでしょうか。米太平洋艦隊司令長官のニミッツ提督は作家児島襄の質問に次のように答えています。

 

 児島「アメリカ海軍は、開戦当時、すでに海戦が空母を中心とするように思っていたか。いいかえれば制空権イコール制海権と見抜いていたか?」

 ニミッツ「制空権イコール制海権? とんでもない。空と海とは別物だ。制空権は、制海権獲得の重要な要素にはなり得ても、それだけで制海権は確保できない」

 児島「すると閣下は太平洋艦隊司令官となられた際、やはり戦艦で日本艦隊と戦うおつもりでしたか?」

 ニミッツ「もちろんだ。それが海軍というものじゃないかね」

 

 確かに、アメリカ海軍の戦艦の活躍は凄まじく、隙があれば日本艦隊の手元にまで食い込んできました。第二次ソロモン海戦で、戦艦ノース・カロライナは空母エンタープライズのすぐ後方に陣取り、恐るべき対空砲で日本軍の攻撃機を全く寄せ付けませんでした。またサイパン、硫黄島での海兵隊上陸の前の破壊力ある艦砲射撃は日本軍の反撃の意欲をほとんど失わせるほどのものでした。

 対して、わが連合艦隊の主力である大和・武蔵・長門以下の戦艦は、ミッドウェー海戦に500キロ後方からなにもせず「支援」した以外、ほとんどトラック島や柱島の泊地から動かず、すでに勝敗が定まったレイテ沖海戦で仕方なく重い腰を上げたのです。そこで武蔵はあえなく撃沈、大和は主砲から百発の砲弾を放ったものの一発も命中せず、半年後無謀な沖縄特攻の途上で2500名の乗組員とともに海底の藻屑と消えたのです。

 

 なぜ、大和・武蔵・長門・陸奥の超大型戦艦は最後の最後まで戦わなかったのか。燃料が足りなかったという言い訳は通用しません。なぜなら大和は停泊しているだけで大量の重油を消費するし、大型艦は小型艦よりも動き出せば燃料効率は高いはずです。理由の一つは、山本長官以下首脳陣が戦艦の役割を強く認識していなかったことが挙げられます。戦艦は不要になったのではなく、その役割が変わったのです。ガダルカナルは、大和以下大型戦艦がズラリと並んで徹底的な艦砲射撃を続ければすぐに落とせたのではないでしょうか。敵主力舞台が迎撃してくれば、それこそ望むところ、大和が本当に世界一の戦艦なのか証明できたはずです。御田俊一はアメリカの誇る大型戦艦アイオワと大和を比較して、スピード、防護力、攻撃力など総合力ではアイオワに軍配が上がるが、砲艦決戦になれば大和が勝利するだろう、と書いています。大和の実力を存分に発揮してもらいたかったのですが、実際は巨億をかけて建造されたこの世界最大の軍艦は、山本長官以下高級将官たちの快適なホテル以上の役割を果たしませんでした。

 

 大和が出撃しなかった本当の理由は実は日本海軍に深く根ざす病弊にあったのかも知れません。日本の海軍は、勝海舟が創り、山本権兵衛が育てたといわれますが、この二人は世界の情勢、日本の立場によく通じていましたが、同時に幕末の豪傑にふさわしく、一種反骨の精神がありました。ところが、英国式のエリート教育による海軍兵学校が生み出してきた新しい軍人たちは、閉鎖的な海軍同族意識をその根底に持ち、その共通認識は組織の安定と既得権益の尊重でした。組織の序列は兵学校卒業年次と卒業時の席次(ハンモックナンバー)に厳密に決められ、抜擢人事は上に上るほど皆無となります。真珠湾で気弱な指揮をして大魚を逃した南雲忠一司令官・草鹿龍之介参謀のコンビは、インド洋海戦でも英国艦隊の息の根を止めるチャンスを逃しています。このような弱将はすぐに解雇するべきなのに、何という事か、ミッドウェーでも司令官を務めて日本の運命を変える大敗北を招きました。草鹿参謀長は山本長官に対し、「大失策を演じおめおめ生きて帰れる身に非ざるも如何にか復讐できるよう取り計らっていただきたい」と懇願して、あきれたことに山本長官は再びこの二人を機動部隊の司令官と参謀長に帰り咲かせているのです。

 

 アメリカ軍は、弱将や怯将はどしどし交代させて、太平洋戦争で20人以上の将官をクビにしています。平時は主に年功序列だが、戦時になると、有能とみればどんどん抜擢し、弱将とみれば降格させるのです。これは、合理的なシステムで、というのも、戦地に出てみないと軍人の本当の資質はわからないからで、会議や演習で威勢のいい人間も、いざ生死のかかった場面では全く別人になってしまうことがよくあるからです。「兵学者は必ずしも実戦のすぐれた指揮官ではなく、いわゆる人格者は必ずしも立派な第一線の指揮官ではなかった」(奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』)

 大事なのは、勇怯がわかった時点でただちに交代しうるシステムを作っておくことで、これはその組織がいかに多様な人的資源を包含しうるかにかかっています。勇猛でならした太平洋艦隊のハルゼー大将は、アナポリスの海軍兵学校に入れないほど高校の成績が悪かったのですが、母親がホワイトハウスにまで行って談判し、入学させてもらったということです。(中公新書『零戦と大和』)

 

 これは日本では考えられないことで、高木惣吉は『太平洋海戦史』で、「わが太平洋戦争中にあっては、実戦によって見出された指揮官の異常なる能力よりも、士官名簿の順位のほうが遥かに重要な要素であって、たとえネルソンあり、ナポレオンがあったとしても、彼等の年齢では決して戦略問題に容喙する地位に就けなかったろう」と書いています。そして、機械的公平主義、無批判栄転主義が横行し、突出した才能などむしろ遠ざけられ、美点よりも欠点のないことがその人物をはかる尺度となってきます。「一度び将官になってしまえば、勝敗も勇怯も、そして実戦の指揮能力も昇進に関係ないことになり、ということになると、命令しやすい航空隊や水雷戦隊にばかり出動を命じて、自分は出不精になるのは当然だったのだろう」と、御田俊一も書いています。戦時には平時と全く違う昇進規定が必要なのに、ぬるま湯の公務員的体質から抜け出られないところに問題がありました。

 つまるところ、自分も弱将なので、弱将を批判するとわが身にもその火の粉はふりかかってくるというわけです。最大の責任者といえば、連合艦隊司令長官山本五十六をおいてほかになく、ミッドウェーの敗戦で当然辞職して然るべきなのに全く責任をとろうとはしません。だから、「レイテ謎の反転」で悪名高い栗田健男中将は太平洋海戦のすべての場面で大事な指揮をとり、わが身かわいさにことごとく逃げ回って、多くの水兵を無駄死にさせているのに更迭されず、あろうことか最後は兵学校校長になっているのです。

 

 海軍兵学校の教育にその原因を帰する説もあります。複雑な軍艦の構造上、授業はほとんど理科系の教科で占められ、数学の能力如何が席次を決める重要な要素になった結果、「理論的」な人間ばかりが上位を独占するようになったというのです。伊藤清『海軍と日本』によれば、海軍の本家本元である英国では「理論的(セオレティカル)」という言葉は、現実を知らぬ空論家という軽蔑の意味がこめられているそうで、わずか五分で状況が劇的に変わる海戦の場合はほとんど用をなさないことが多いようです。別に数学が悪いというわけではなく、高等師範と同じレベルの数学が教えられていたという、そのエリート意識が問題なのです。死ぬ時にも代数の問題集を手放さなかったという第四艦隊司令長官井上成美中将は極端な例でしょうが、根底的な基盤を持たないエリート意識は自らが手を汚すのを嫌います。昭和の海軍は戦場に出るのを一種の貧乏籤のように考えていた形跡がある、と御田俊一は書いています。戦場に出ることが一種の左遷となっていた、とも言われるゆえんでしょう。上級指揮官が戦闘に参加するのを好まないようでは、海軍全体が堕落するのも不思議ではありません。日露戦争の時、連合艦隊司令長官を東郷と交代させられた日下壮之丈は悔しがって泣いたということですが、当然のことながら、両人とも戦場に出ることを武人の名誉と考えていたわけです。

 

 司令官が出陣するのを嫌がる理由は生命の危険にさらされるからです。軍人がそんな考えを持っていてはお終いですが、昭和の将校たちならそう思ってもおかしくありません。司令官は通常、白い海軍服を着て艦橋から全艦を見渡します。艦橋は最も防備の手薄いところですが、その勇敢な姿が水兵を鼓舞するのです。日露海戦の時、東郷平八郎は露天の三笠艦橋で指揮し続けましたがカスリ傷ひとつ負わず、それに対してロシアのロジェストヴェンスキー提督は頑丈な司令塔にいたにもかかわらず砲弾で重傷を負っています。栗田建男中将はレイテ海戦の折、防弾チョッキを身につけて艦橋に立って部下の失笑をかっていました。

 しかし、この怯懦は許しがたいことで、海軍が航空部隊を便利な使い捨ての道具のように使い、何かといえば航空部隊を出動させ多大の犠牲をパイロットに強い、将官の坐乗する艦隊は遠くの安全なところに退避している構図は、ガ島におけるわが海軍航空隊崩壊の危機に及んでも変わりませんでした。航空隊に入ればまず生きて還れないというのでは士気も衰えようというものです。反対に、アメリカ軍は、あのガ島の危険の最中でも、戦艦部隊を果敢に使って、航空隊の犠牲を極力減らそうとしていたのです。(ガ島の戦いでは、重巡サンフランシスコのキャラハン少将、軽巡アトランタのノーマン・スコット少将の二人がともに艦橋で戦死しています。また米軍のパイロットは常に二交代制で必要な休養が与えられていました)ガダルカナルでは日本軍の6人の飛行隊長のうち5人が戦死して事実上帝国海軍航空隊は壊滅しました。

 

  しかし、本元の原因は、強力な大統領制と曖昧な天皇制の違いでしょう。アメリカの大統領は強大な権力を擁していますが、失政があれば直ちに失職につながります。強い権力は強い責任の上に成り立っているわけです。そのために、戦時では、大統領は三軍を指揮し、命令し、具体的な措置をとります。陸海軍の将官はすべて大統領の部下なので、必要ならばどんどん降格し、抜擢し、最も効果的で強力な戦略を推し進めることができます。ところが、天皇は軍の統帥者でありながら、実際上は臣下の決めた戦略や方針を裁下するだけのことがほとんどで、もし裁下されない場合、軍や側近は、あらゆる姑息な陰険な手段を用いても実現させようとするだろうし、そのような状況では責任の所在は全く不明確なことになります。すなわち、陸軍参謀長なり、海軍軍令部長なり、連合艦隊司令官なりを強力に指揮命令する者は誰もいないのです。しかも、統帥権の独立によって、日本の運命の最高責任者たる総理大臣といえども軍の統帥に口を出すことはできないのです。

 誰も責任をとらない、誰の責任でもない、という曖昧な体制は、とにかく仲間を全力で守るという見当違いな方向への情熱を生み出します。『同期の桜』は海軍の枠をこえて日本人の深い共感を呼び起こしましたが、このような仲間意識が、真珠湾の弱将を再びミッドウェーの敗将にし、日本を惨めな敗戦に導いて行ったのです。

 

 アメリカ軍と日本軍の責任の体系の違いは、最も肝要な長期的戦略プランに表れています。マレー沖での英戦艦の撃沈を知ったアメリカ海軍は直ちに超大型戦艦モンタナ級四隻の建造を中止しましたが、そのような細心にして迅速な戦争政策は戦闘機と爆撃機の設計・製造に顕著に見られました。

 零戦とグラマンF4Fはともに1940年に世に出されましたが、当初は零戦の一人舞台でした。零戦は、すでに太平洋戦争開始前に中国大陸で英バッハロー戦闘機やソ連、中国の旧型機を相手にせず、圧勝に継ぐ圧勝でその名を不動のものにしました。帝国海軍はこの零戦、そしてやはり中国大陸で活躍した中攻(海軍中型陸上攻撃機)を過信し、ほとんど無批判的に使い続けました。しかし、この二機には根本的な欠陥があって、米軍相手の太平洋戦争ではほとんど勝つことができなかったのです。

 その欠陥とは海軍のアウトレンジ戦法に原因を持っています。アウトレンジとは、敵戦艦の攻撃可能距離より遠くから攻撃することで自軍の損害を最小にしようとする考えですが、そのためには長い航続距離を持つ航空機が必要でした。つまり、多量のガソリンを積むため重量はできるだけ軽くするので、その結果、機体の防備は無きに等しいことになってしまうのです。零戦や中攻は撃たれると簡単に燃え上がりました。中攻は昭和12年から5年間使われ、改良機の一式陸攻は太平洋戦争開戦まもなく世に出ましたが、この五年間の多くの犠牲者の血によって得られた教訓は全く生かされず、「一式ライター」といわれるほど、すぐ燃え上がる欠陥は全く修正されていませんでした

 零戦も終戦まで五年間使われ続け、防護力は全く改造されず、ただ一機でも多く作れ、という海軍の無策によって多くの若いパイロットを死地に追い込むことになったのです。(太平洋戦争での日本機の損害9200機に対して、アメリカ機の損害は905機で、日本は米の十倍以上の飛行機を失っています)

 

 対して、アメリカ機には欧州戦線での経験が十分に生かされました。ヨーロッパではアメリカで生産された戦闘機および爆撃機が防備、特に燃料タンクの防護の不備によってさんざん酷評され、フランスはアメリカ機の使用を禁じたほどでした。アメリカはこの事実を真摯に受け止めて、各飛行機会社に装甲防備を強化するよう要請し、太平洋戦争には十分な装備で突入することができたのです。グラマンは航続距離と上昇速度では零戦に劣るものの、そのスピード、装甲の強さ、また機銃の破壊力で零戦を次々に落としていきました。「ガダルカナルはグラマンによる勝利だった」とフォレステル海相に言わせるほど、活用度と信頼の高い戦闘機だったのです。また、B17爆撃機、B25ミッチェル爆撃機は零戦に対してほとんど不落でした。「日本は一番だ」という精神主義に凝り固まって、最新の技術を求めようとしない海軍艦隊部の連中は、終戦まで、強力な機銃や対空砲を開発することはできませんでした。

 

 総括すると、アメリカと日本の社会制度の差、科学技術力の差とも見られますが、実は文化と精神の差であったとも考えられます。「大和魂」などより、太平洋戦争を通じて、勇敢さと犠牲的精神は個人主義の国アメリカの方が遥かに勝っていたように感じられます。帝国海軍は開戦当初のウェーキ島での敵の頑張り、グラマンのしぶとさ、空母すら突入してくる果敢さに早く気づいて、敵を侮るという最悪の過ちから直ちに脱しなければいけなかったのです。当時の海軍兵学校では、やれ零戦は世界一だ、大和は史上最強だ、日本海軍の技術は世界最高だ、というお題目を新興宗教の信者のように繰り返しているばかりで、自らを客観視する謙虚な精神は全く見られなかったのです。

 著者の結論はこのようなものです。日本軍は、生産力、性能、作戦どれ一つをとっても、合理的で効果的な戦法を展開できるシステムと人材に欠けていた。天皇制と統帥権の独立は、各部署において無責任の連鎖を引き起こした。主力艦の決戦を主眼とするアウト・レンジ戦法は、軍用機の装甲を無用のものとする考えを生み出し、それがあまりに多くの有能なパイロットの損失につながった。山本長官の戦意の欠如は、航空部隊の切り開いた突破口を主力艦隊が確保すべきなのに全く出撃せず、ために無駄に搭乗員と機体の損害が重ねられた。山本五十六は、ニミッツのように陸上の司令部で各専門部署と協議しながら作戦を進めるか、あるいは東郷平八郎のように先陣を切って戦艦の艦橋で指揮すべきであった。冷房の効いた、食べ物の上等な(大和はすべてにおいて特別待遇でした)大和を離れなかった山本は敗戦の最大の責任者である。

 

「たしかに太平洋戦争においては、幾多の壮烈捨身の戦いがあった。生還を期さない幾多の突撃もあった。しかし、将官と名づける程の者の中に、このような部下の捨身の行為に恥じないといえるほどのものが、一体何人あったろうか。彼等の多くは戦いを避けてきたのではないか」(御田俊一)

使い捨てられて死んだ多くの若い命への哀惜と、戦後天下って余生を悠々と暮らした海軍将官たちへの怒りに似た思いがこの本の根底にはあるのです。

 

|

« 御田俊一『帝国海軍はなぜ敗れたか』(2) | トップページ | 清水純一『ジョルダーノ・ブルーノの研究』(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御田俊一『帝国海軍はなぜ敗れたか』(2) | トップページ | 清水純一『ジョルダーノ・ブルーノの研究』(1) »