« メーリケ『旅の日のモーツァルト』 | トップページ | 永井荷風『江戸芸術論』 »

2007年7月20日 (金)

萩原朔太郎『郷愁の詩人 与謝蕪村』

 明治26年以来蕪村を称揚してきた正岡子規は32年の『俳人蕪村』(岩波文庫『誹諧大要』所収)においてその総括を試みました。「俳諧史上における蕪村の位置はこの書によって定まった」(柴田宵曲)と言われるその蕪村論は芭蕉には見られない客観的・理想的美を追求する詩人を詳細に語っています。しかし、俳人が語る蕪村は、とりわけ技術的側面が強調されることにより、客観・写生の詩人蕪村というイメージがそれ以後ゆるぎなく定着する端緒ともなったのです。
 昭和11年に刊行された萩原朔太郎の『郷愁の詩人与謝蕪村』(1988岩波文庫)は、子規とは全く違う視点から蕪村を論じ、蕪村研究史において画期的な著作となりました。細部の論点に見当違いが多く見られるものの、未だにこれを越える蕪村論は出現していません。単に近代日本最高の詩人の著であるからでなく、それが何より感動から出発していることが重要なのです。子規の蕪村称揚は明らかに芭蕉の権威を貶めるために書かれました。朔太郎のこの書は、自分自身のために、あるいは自分自身と同じ魂の救済のために書かれたのです。

 「僕は生来、俳句というものに深い興味を抱かなかった」と朔太郎は書いています。「枯淡」とか「さび」とか「風流」とかは自分の感性とは無縁のものだと思っていたのです。この気持ちは私にもよくわかります。いわゆる「俳味」こそ日本独特の感性の表れだと思う人は、なぜ明治以降に日本人がゴッホやベートーヴェンやユゴーをすすんで受容したかを考えてみて下さい。封建制の重苦しい雰囲気から脱した時、日本人が求めたものは「愛」の観念だったのです。朔太郎は俳句とそれが展開する世界を毛嫌いしながらも、なぜか蕪村だけは愛誦していました。というより、蕪村だけが彼の唯一理解しうる俳人だったのです。

  君あしたに去りぬ
  ゆうべの心千々に何ぞ遥かなる
  君を思うて岡の辺に行きつ遊ぶ
  岡の辺なんぞかく悲しき

 この詩『北寿老仙をいたむ』の冒頭部は明治の新体詩をはるかに越えて島崎藤村の叙情をさえ凌ぎます。しかも1745年「ゲーテもワーヅワースもまだ生まれていない」(芳賀徹)時代に書かれたのです。朔太郎は蕪村の詩境が「浪漫的の青春性に富んでいる」ことを指摘し、その若さ、その自由な情感に感動します。そして、次のような俳句は、洒脱とか枯淡とかという俳句の心境を理解できない、近代の叙情詩や美術しか知らない若い人にも容易に理解することができるだろうと書いています。

  愁ひつつ丘に登れば花いばら
  行く春やおもたき琵琶の抱きごころ
  歩行(ありき)歩行(ありき)もの思ふ春の行衛(ゆくえ)かな

 また、蕪村には「感傷多き青春の情緒」も豊かです。

  二人してむすべば濁る清水かな
  恋さまざま願いの糸も白きより
  春雨や同車の君がさざめ事
  
 「洋画風の明るい光と印象」は蕪村の句に「若々しいセンチメント」を与えています。

  磯千鳥脚をぬらして遊びけり
  夏河を越すうれしさよ手に草履
  夕立や草葉をつかむ群雀(むらすずめ)

 「僕の断じて立言し得ることは」と朔太郎は書いています。「蕪村が単なる写生主義者や、技巧的なスケッチ画家ではないということである」反対に蕪村こそ「一つの強い主観を有し、イデアの痛切な思慕を歌ったところの、真の叙情詩の叙情詩人、真の俳句の俳人であったのである」しかし、そもそも蕪村の有したその主観の実体とはどのようなものだったのでしょうか。朔太郎の解答はいささか唐突とも思えるものです。「一言にしていえば、それは時間の遠い彼岸に実在している、彼の魂の故郷に対する『郷愁』であり、昔々しきりに思う、子守唄の哀切な思慕であった」
 「魂の故郷」という言葉が決定的に重要です。それは「宇宙のどこかに実在しているかも知れないところの、自分の心の故郷であり、見たこともないところの、久遠の恋人への思慕である。そしてこの恋人は、過去にも実在した如く、現在にも実在し、時間と空間の彼岸において、永遠に悩ましく、恋しく、追懐深く慕われるのである」

  妹が垣根三味線草の花咲きぬ

 「妹(いも)」という古語を使ったことが、現在の恋人ではなく過去の幼友達であることを示し、三味線草という素朴で可憐な花が一気に追懐の世界を形作ります。

  遅き日のつもりて遠き昔かな

 「蕪村の代表作と見るべきである」と朔太郎が語るこの句は「時間の遠い彼岸における、心の故郷に対する追懐であり、春の長閑(のどか)な日和の中で、夢見心地に聴く子守唄の思い出である」ということです。しかし、これは難解な句で、その意味は論理的に説明不可能です。ただ、蕪村が時間にとらわれた人間で、常に過ぎ去った時の思い出の反省と懐旧に生きていることだけはわかります。「遅き日」はむろん春の季語で一日が最も長く感じられる春の日がつもっていくということが過去というもののさらなる遠さを強調しているのです。

  凧(いかのぼり)きのふの空の有りどころ

 昨日と同じ場所に今日も凧が上がっていたというのですが、朔太郎によればこの凧はすべての時間を貫いて上がる象徴の凧です。「常に変化する空間、変化する時間の中で、ただ一つの凧(追憶のイメージ)だけが、不断に悲しく寂しげに、穹窿の上に実在しているのである」凧は現実の空に上がりながら、なお有り得るはずの真実の世界、魂がそこに本籍をもつ真実の別世界に属しているというのです。

  月天心貧しき町を通りけり

 月が天空に輝いている夜の町を一人で歩いていくのです。あるいは、月の光が家並の低い貧しい家々の間を静かに通り抜けていくのです。ここにあるのは「人生への或る涙ぐましい思慕の情と、或るやるせない寂寥である」と朔太郎は書いています。いくぶんか童話的で、いくぶんか近代的な情緒はまさに蕪村独歩のものでしょう。

 最後に朔太郎の筆は『春風馬堤曲』の解説において極まります。俳句と漢詩と連歌の入り交じった、空前かつ絶後のこの十八首の詩は、大阪の花街で働く娘が薮入りに実家に帰るというそれだけの内容ですが、厳密に蕪村の人生とこの世の人々の生の象徴となっています。「春風や堤長うして家遠し」年老いた詩人は長柄川の土手で薮入りに里帰りする娘と出会います。世間話をしながら、娘は途中で川面に降りて芹を摘んだり、茶店で休んだりと道草を重ねますが、それでも故郷の家が近づくと、懐かしい母への思慕で満たされます。世間の荒波と歓楽で変わってしまった自分だが、故郷は昔のまま温かく自分を包んでくれた、、、しかし、蕪村にも朔太郎にも帰るべき故郷はありませんでした。長く続く土手の道を歩いて、彼らが辿り着く故郷は芸術の高みしかなかったのです。卑俗低調な天明俳壇の中で志高く持ち続けることは何と困難なことだったでしょうか。しかし、蕪村には芭蕉という仰ぎ見る存在がありました。「いかなれば故郷の人の我に辛く/かなしきすももの種を噛まむとするぞ」と歌った朔太郎にはポーやボードレールの精神が生きています。もっとも朔太郎には蕪村に恵まれた明るさと軽さにはついに無縁だったのですが、、、。

  春雨やもの書かぬ身のあはれなる

 私の愛する蕪村の一句ですが「夢中吟」と前書されています。『蕪村俳句集』(岩波文庫・尾形仂校注)の尾形仂の注には劉後村の「夢中猶ホ読ム少時ノ書」(『聯珠詩格』)が引用されています。夢の中で子供の時の本を読んでいるのです。そして、言葉を紡ぐ苦しみを知らなかった昔の自分は何とあはれであったことか、いとけなく、幸せであったことか、と思わずにいられないのです。朔太郎『純情小曲集』の次の詩を思い出さないでしょうか。

  少年の日は物に感ぜしや
  われは波宜亭の二階によりて
  かなしき情歓の思ひにしづめり。
  その亭の庭にも草木茂み
  風ふき渡りてばうばうたれども
  かのふるき待たれびとありやなしや。
  いにしえの日には鉛筆もて
  欄干(おばしま)にさへ記せし名なり。
                     (『波宜亭』)
  

|

« メーリケ『旅の日のモーツァルト』 | トップページ | 永井荷風『江戸芸術論』 »

コメント

高校時代は萩原と伊藤の詩集を何度も繰り返し読んでいました。

それはそうとあまり立ち入ったことをネット上でお聞きするのは失礼かと思いますが、管理人さんはおそらく30歳を超える年齢で、性別は男性、そして何か専門職についておられるのではないかと思っているのですが・・・と記入しつつ、なんだかやはりお聞きしたくなってしまいました(苦笑)。

投稿: 自由が丘 | 2007年8月 2日 (木) 18時38分

すみません。「伊藤」ではなく「伊東」でした。
おろかな私をお許しください。

投稿: 自由が丘 | 2007年8月 2日 (木) 18時40分

自由が丘さん、コメントありがとうございます。
ご質問いただいて嬉しいのですが、どうも個人的なことは恥ずかしくて躊躇してしまいます。
どうぞお許しください。
私は、朔太郎は大人になってからその魅力に気づきました。
これからもよろしくお願いします。それでは。

投稿: saiki | 2007年8月 4日 (土) 19時47分

今日、偶然に恵まれ、吉野弘という詩人を知りました。
これまで私の中でベストの詩人は立原道造、そして萩原朔太郎だったのですが、今日からは吉野も。

感動ついでに昔の記憶を辿り、「郷愁の詩人与謝蕪村」に感銘を受けたのをなぜか思い出し、はて作者は誰だったろうと調べていたらこのブログにたどりつきました。朔太郎が作者だったとは。二重の感激です。

あなた様の文章、素晴らしいのひとこと。今後も愛読させていただきたいと思います。

投稿: ボク沈 | 2010年4月 4日 (日) 12時31分

ボク沈さん、コメントありがとうございます。
自分の好きな詩人を発見することは何とすばらしいことでしょうか! それこそ苦しみ多き人生の宝になると思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
それでは。

投稿: saiki | 2010年4月 4日 (日) 21時45分

クレーヴの奥方、に紛れ込んで 最悪一歩手前、モロー美術館、そして 蕪村。ありがとうございました。面白く読ませていただきました。今日は 切が無いのでここまでに・・・・・アテブレーベ。

でも最後にひとつQ。
数学もお好きとありますが 一覧表に記事項目が見当たりませんでした。今何か解こうとしている問題があったら 教えてもらえませんか?(初等数学つまみぐい愛好者としての愚問ですが)

投稿: itohtakeshi | 2011年5月17日 (火) 10時55分

itohtakeshiさん、コメントありがとうございます。
数学は日々の糧のひとつに過ぎないので、特に好きというわけではありません。ただ職場の人たちが見るとき違和感のないように入れたのですが、削除すべきだったかも、、、。プロフィールはほっぽらかしにしているので今度書き直します、、。
しかし、数学の良い本というのは少ないですね。数学天才列伝のようなものにはもはや食傷しました。日本にも、修道院の鐘がうるさいと怒鳴り込んだ数学者がいましたが、変人が多いのも困ったものです。
それでは、また。

投稿: saiki | 2011年5月17日 (火) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メーリケ『旅の日のモーツァルト』 | トップページ | 永井荷風『江戸芸術論』 »