« レオ・シュトラウス『ホッブズの政治学』 | トップページ | 川口松太郎『鶴八鶴次郎』 »

2006年9月23日 (土)

スーザン・ソンタグ『反解釈』

 『反解釈』(1971竹内書店、1996ちくま学芸文庫・高橋康也、由良君美、出淵博、海老名宏、河村錠一郎、喜志哲雄訳)の意味するところは、要するに作品を様々に解釈することによって、解釈家は作品を変改してきたにすぎない、大事なのは作品をそのまま味わうこと、その外形から理解していくことである、ということです。形式から説き起こす優れた批評の例としては、パノフスキーの美術論、アウエルバッハの『ミメーシス』、バルトのロブ=グリエ論、ベンヤミンのレスコフ論などが挙げられています。むろん、これらは立派なもので、特にベンヤミンの『物語作家ーニコライ・レスコフ』はソンタグにとって理想の書評でしょう。しかし、人は自分と反対のものに魅かれると言われるように彼女の批評スタイルはこれらとはやや一線を画しています。
 ソンタグの魅力は、批評とは実際、批評家の趣味以上には出ないことを教えてくれたことにあるのです。批評とは「ひとつの美学、すなわち私自身の感受性についてのあるひとつの理論を築くための個人的症例研究」にすぎないのだとソンタグは言っています。つまるところ、解釈も反解釈もない、内容も形式も関係ありません。ベンヤミンのレスコフ論は誰にも(ソンタグにも)模倣は不可能です。ベンヤミンの個人的趣向、人間よりも事物を愛すること、子供よりも玩具を、思想よりも書物を、現実よりも物語を、生活よりも街路を愛することの中に彼の本然の生が隠されています。もの言わぬ「物」への過剰な執着、それはアドルノが「生命を持たないものだけが、なお生き生きした生の比喩でありうる」といった事物への愛なのです。彼の批評にあって、形式が内容を凌駕するのは当然のことでしょう。しかし、ここにまたベンヤミンの欠点ともいうべきもの、関係性への怖れのようなものが潜んでいるのです。彼は、さまざまな事物が雑然と素敵にたたずんでいる森の中を彼一人が散歩しているときだけ幸福なのです。だからベンヤミンは女性たちと不幸な関係しか結べず、自分の魅力を彼女たちに伝えることができませんでした。目の前の、機械仕掛けではない人間への心くばり、その人の幸福と不幸について考えることが彼には欠けていたのです。
 ソンタグの本領はベンヤミンと違って、そのワイルド流の気取った、尊大で、スタイル重視の裏に隠されているものは、苦悩する人間への共感、苦悩する人間にだけ注がれた眼差しです。『反解釈』の中の一編「シモーヌ・ヴェーユ」を見てみましょう。これこそ、ベンヤミンには書けずソンタグにのみ書けたものです。苦悩をその一ミリ単位で測定しようとした女性、自らの体を測定器のように深淵にさらした女性、シモーヌ・ヴェーユはモンテーニュが問い、パスカルが答えようとした問い、なぜ人間は愚かにも悲惨なのか、という問いに答えようとしました。それは重力があるからだ、というのがあまりに簡明な彼女の答えです。生きている限り底なし沼のように落ちていく、それが人生であり、救いは恩寵にしかありません。自分とは対極にいるかのようなこの女性にソンタグは温かいまなざしを送ります。
 「苦悩する著作家の代価をもとに、われわれは真実を計量する、、、われわれの真実のひとつひとつに殉教者がいなくてはならない」とソンタグは書きます。「その誇張と自己毀損の程度において無茶といってよい生涯ークライストのようなキルケゴールのようなーがシモーヌ・ヴェーユの生涯であったのだ。私が念頭にしているのは、シモーヌ・ヴェーユの生涯の狂信的な禁欲主義であり、快楽や幸福に対する彼女の軽蔑であり、崇高だが馬鹿げた彼女の政治的身振りであり、彼女の精細な自己否定であり、不断に苦悶を求める彼女のあり方であるが、彼女の飾り気のなさ、肉体的なぶざまさ、偏頭痛、肺結核のことも除外してはいない。ヴェーユの生涯を愛するひとでも、こういう生涯を自分の子供に望もうとしたり、あるいは自分の愛しているいかなる者にも望もうとするひとはいまい。だが、生存はもとよりのこと、真摯さをわれわれが愛するかぎり、われわれはこのような生涯によって心を動かされ、心を養われるのだ。このような生涯に対して尊敬を払うことによって、われわれはこの世における秘蹟の現前を認めるのだ、、、」
 この文章こそスーザン・ソンタグです。「自分の生活を変えることはできず、また変えようともしなかったアルキビアデスが、それでもソクラテスに心を動かされ、ゆたかにされ、愛にいっぱいになってソクラテスに従っていったように」私たちは、ソンタグの語るシモーヌ・ヴェ−ユやパヴェ−ゼやカミユやミシェル・レリスなど、分裂し、破壊され、苦悩した生に魅惑されるのです。『反解釈』はハンナ・アーレントの『暗い時代の人々』と並んで、批評が人の心を深く動かし得ることを私に教えてくれた思い出の一冊です。

|

« レオ・シュトラウス『ホッブズの政治学』 | トップページ | 川口松太郎『鶴八鶴次郎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レオ・シュトラウス『ホッブズの政治学』 | トップページ | 川口松太郎『鶴八鶴次郎』 »