« 幸田文『父ーその死』 | トップページ | ブールジェ『現代心理論集』(2)ボードレール »

2006年8月30日 (水)

ブールジェ『現代心理論集』(1)フロベール

 ポール・ブールジェ(1852~1935)の『現代心理論集』(1883作 法政大学出版局・平岡昇・伊藤なお訳)は19世紀の文学作品に表れた時代の病理の解明であり、傑作の名に恥じない評論です。「一人の青年が、六月の日のこの美しい夕べに、文机に肘をついているとする」とブールジェは書き始めます。窓の下にはさまざまな花が悩ましげに咲いています。落日の黄金色が地平線を染めています。若い娘たちが近くの公園で語りあっています。青年は彼の本を、おそらくボードレールを、フローベールを、スタンダールを読んでいます。「現実を生きたほうがいいだろうに、と利口な人は言う、、、、ところがだ、彼はこの瞬間に現実を生きているのだ。しかも香り高い花を摘むよりも、憂愁にみちた西の空を眺めるよりも、若い娘たちの一人のたおやかな指を握るよりも、もっと熾烈な生を生きているのだ」「彼は好きな作者の文句の中に全身を投ずる。彼はその作者と、互いに胸襟をひらき、人間同士として語りあう。彼は作者が、恋愛や遊蕩や、幸福や不幸や、死や墓の彼方の暗黒の世界について啓示になる言葉を吐くのを聞く。そうした言葉は、それまで彼が気付かなかった感情の小宇宙のなかに彼を導き入れる」これこそ読書であり、『赤と黒』を全巻暗唱していたスタンダリアン、ブールジェらしい言葉です。人が19世紀の後半に青年であったとしたら、彼の読む書物は彼にどのような人生鑑賞のありかたを教えたのでしょうか。それは、まず何よりもペシミズムであった、とブールジェは書いています。「生きることの耐え難い倦怠、あらゆる営為の空しさの沈鬱な悟り」それが、ユイスマンス、バンジャマン・コンスタン、シャトーブリアン、等々の作品の背景だというのです。20世紀の批評家C.E.マニーもモーパッサンの全小説の背後には「人間の努力の空しさの認識」があると語っていました。フランス的な快活さは常に A quoi bon ? どうせ無駄だ、という感情に席を譲る、とブールジェは書きます。ブールジェのすばらしい分析の中から、ギュスターヴ・フロベール論とボードレール論を紹介しましょう。

 「君はよく考えてみたかね」とフロベールは友人のマクシム・デュ・カンに言いました。「われわれがどんなに不幸になるように組成されているかをよく考えてみたかね」また、ある時には「奇妙なことだが、僕は幸福にたいする信仰をほとんど持たないで生まれてきた」と書いています。人生はとりかえしのつかないほど悲惨なものであり、人間の営為は結局は失敗に終わるということは、彼の目には永劫に変わらぬ法則と映るのです。なぜでしょうか。そのわけは、まず外的状況がわれわれの夢と背馳するからであり、次に状況の恩恵を受けたところで、魂は自分の幻想を心ゆくばかり堪能しようとして自らを食いつぶすことは避けられないからです。エンマ・ボヴァリーは処女の好奇心で優雅で豪奢な幸福を願います。しかし、美しい夢は「傷ついたつばめのように」空しく悪路の泥濘の中に落ちてゆきます。夫の愚鈍さと彼女の環境の惨めさから、エンマは最初の恋人に身を任せて捨てられ、二番目の恋人も利己主義な卑怯者でした。それでも不義に身を投げ出すときには理想への熱情があったのですが、実際は「特別なもの」は何もありませんでした。つまり、欲望さえもわれわれを欺くのです。
 『感情教育』のフレデリックは優れた資質に恵まれた22歳の青年です。しかし、自らの内部のこの善きものが破滅の原因となるのです。人は自分の才能から逃れることはできません。人より優れているという感覚は、同時に人から気にいられたいという強い欲望と表裏一体です。想像力の強さは他人の反感を予測し、月並みな交際や時間と財産の空費に彼を誘います。そして、彼は堅実なものを積み上げるかわりに、理想の幻影の追求と悩ましい無為のうちに疲弊していくのです、、、。ところで、人間は、経験するまえにそれについてのある観念を作り上げます。環境や事件によって破綻させられるのは、まずこの観念で、つぎに人間自身です。現実よりも現実のイマージュを、感覚よりも感覚のイマージュを、人は読書やその他の媒体によって作り上げます。タニットのことをあまりに考えすぎたカルタゴの乙女(『サランボー』)キリストのことをあまりに考えすぎたテバイド山の隠者(『聖アントワーヌの誘惑』)幸福のことをあまりに考えすぎたあの哀れな医者の妻(『ボヴァリー夫人』)自分の情緒のことをあまりに考えすぎた市民階級の青年(『感情教育』)無数の学説のことをあまりに考えすぎた二人の事務員(『ブヴァールとペキュシェ』)など、フロベールの小説の主人公ほど満たされた静かな幸福に無縁のものはありません、、、。
 仏教は、この虚無感を認識することによって救われるというでしょうが、フロベールは芸術的営為のうちにそれを見出しました。美的創造はそれ自体以外の目的を持たない、というのはフロベールのもっとも感動的な確信であり、自分の著作の実際的、社会的影響を全く無視することは天才のみにできることです。同じ1821年生まれのボードレールが『悪の華』を出版したとき、悪評にまみれたこの詩人にフロベールは激励と絶賛の手紙を寄せました。「あなたには人生の不都合がよくわかっています、、、あなたの著作の中では芸術がすべてに優先しています、、」と。フロベールは、この虚無の世界という廃墟のただ中に堅固な現実を打ち立てたいと思いました。彼はそれを自己の外にあり、また事物の外にもある、芸術作品の中に定めたのです。立派な文章は一種の不滅の性格を表し、万物の凋落に打ち勝ったある存在を生きるものに彼には思えました。「実際、言葉と言葉の関係には、それを改めようともしてもとうてい不可能なほど完全に正確なものがある。もし、芸術家がそういう関係をいくつか発見したなら、彼は数学者が明証を得て感ずる幸福にも匹敵する知的幸福の満足感に浸ることができる」こうして、フロベールの完璧な文章作成の苦しみについての無数の逸話が生まれることになります。一つの副詞を見つけるために何日も呻吟することは彼にとっては日常茶飯のことでした。彼は的確な、唯一の言葉を探しながら、過労のため58歳で脳溢血で倒れました。発作で神経が途切れたとき、やっとペンは彼の手から床に落ちたのです、、、。
 フロベールはエドガー・ポーに似て、自己を決して欺かず、霊感をも支配できる作家でした。こういう文学者には何か絶大なものがあるが、しかし決定的に欠けているものもある、とブールジェは言っています。このような金属に似た作家を読んだ後では、われわれは、自己の才能をあまり信じなかった不正確な天才、たとえばバルザックやシェークスピアのような作物を読みたくなる、、、しかし(とブールジェは続けます)、われわれはその時代の克明な風俗やブルジョアの正確な心理を知りたくてフロベールを読むのではない、そうではなくて、その著作に深遠な生の味わいを与えるのは、そこに一つの人間的魂が傷つけられ、苦しめられ打ちひしがれるのを知るからだ、と。そして、このことについて彼の書簡集以上に胸を打つものはありません。「私は老人のように幼年時代の思い出の中に埋没していきます。もう人生にはインクで汚すための一綴りの紙片しか期待していません。いずこを目指すともなく無限の荒野を渡っていく気がするのです、、、」そして最後の書簡は「私は骨の髄まで疲れています」という言葉で終わっています。「幸福なフロベール」とは一種の矛盾語であるでしょうが、彼は自ら誇るべきである、とブールジェは書いています。なぜなら、彼の苦悩は人間が経験できるうちで最も優れたもの、完成を求める苦しみに由来するからです。

 

|

« 幸田文『父ーその死』 | トップページ | ブールジェ『現代心理論集』(2)ボードレール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸田文『父ーその死』 | トップページ | ブールジェ『現代心理論集』(2)ボードレール »