« アクサーコフ『家族の記録』(1) | トップページ | サマセット・モーム『ドン・フェルナンドの酒場で』 »

2006年7月28日 (金)

アクサーコフ『家族の記録』(2)

 26歳になるアレクセイ・ステパーノイチはウファの高等法院で平凡に静かに勤めを果たしていました。美男で、おとなしくて、はにかみ屋で、誰にでも愛想の良い彼は、もしソフィアに出会わなかったら、やがて相応のもの静かで平凡な娘を妻に娶っていたことでしょう。ところが、教会で一目ソフィアを見た時から、頭が変になってしまったのです。彼は夜毎に彼女のことを思い、彼女に会うために、無理に公用を作って、副総督室で父親の代わりに応接しているソフィアに会いにいきました。度重なる訪問、長座の連続、ほてった頬、しどろもどろの口調、恍惚とした目つき、それらは周囲の人たちにすぐ彼の気持ちを気付かせました。真剣な恋をした男はいつの世も滑稽に見えるもので、ウファの社交界の連中はこぞってこの青年を笑い者にしていたのです。しかし、一人ソフィアその人だけは違いました。アレクセイはロシア小唄集ぐらいしか本を読んだことがなく、趣味は釣と狩猟しかないというきわめて非社交的な人間でしたが、ソフィアはその謙虚さに打たれ、自分への愛情のために皆からの嘲笑に耐えているこの青年を憎からず思っていたのです。
 アレクセイは、意を決して婚約の承諾を得るために父親の住むオレンブルグに旅立ちました。彼の家は由緒ある貴族であり、大地主であり、しかも彼は一人息子であったので、父ステパン・ミハイロヴィッチの承諾がどうしても必要だったのです。しかし、彼が故郷に向かって旅立った時には、ウファでの噂はオレンブルグの父親の家にも届いていました。アレクセイの四人の姉たち、特に三女のアレクサンドラ・ステパーノヴナは、弟の心を奪ったソフィアを激しく憎み、その悪口を父親のステパンの耳に入れようとやっきになったのです。ソフィアの祖父は貧しいコザックであり、父の財産はほとんどとるに足らず、本から得た知識で私たち田舎者を軽蔑し、アレクセイを言葉巧みにだまして、貴族の地位と財産を我がものにしようとしているのだ、と力説したのです。毎日のようにソフィアの悪口をきかされたステパン・ミハイロヴィッチは、しかし軽薄な娘たちの言い分をそのまま信じたのではありません。彼は学はないが、物事の本質をよく見ぬく頭を持っていたのです。
 アレクセイが帰省すると、ステパン・ミハイロヴィッチはさっそく彼を呼びつけてこう言いました。「おまえは今、ある女に夢中になっている。それはいい。聞くところでは、大変立派な女性らしい。おそらく、おまえとは結婚してくれないだろうが、一言言っておこう。自分より利口な女を妻にするのは、、、不幸だよ。尻に敷かれるのは目に見えている。わたしらは素朴な田舎者だ、牛は牛連れ、派手な町の暮らしに慣れた女はとても田舎は耐えられまい。おまえには財産のある呑気でおとなしい田舎の娘を見つけてやろう。そして退職したらのんびり余生を過ごすんだ。その女のことは今日限りきれいさっぱり忘れることだな」そう宣告されて、アレクセイは自分の部屋に閉じこもって数週間床に就き、それから死人のように憔悴しきった表情でウファに帰りました。広大な土地と、多くの農奴や使用人を抱える大地主の権力は絶対です。一度下された宣告はその権威に傷をつけないため決して覆えることはありません。ステパンの家族は皆この裁定に満足し、アレクセイもやがてはあの娘のことは忘れ、昔のように釣や散歩を楽しむようになるだろうと思っていました。
 ところが、ある日、郵便局から帰って来た召使いがもたらしたアレクセイからの手紙はステパンの家中を震撼させました。「慈悲深い父上と母上」と手紙は書き始められていました。「、、、尊敬するソフィア・ニコラーエヴナなしに生きることは私には不可能です。やがて死の弾丸が不幸なあなた方の息子の頭を貫くことでしょう、、、」女たちは、皆これを読んでパニックになりました。母親のアリーナはステパンの膝下に身を投げ出して、どうか息子の結婚を許してやってほしいと嘆願しました。ステパン・ミハイロヴィッチはそれでも動ぜず、いつもより早く床に就いて、朝4時に起きると若い馭者を呼び、最も丈夫な早馬二頭、燕麦と円形パンを至急用意するよう言いつけました。用意がされている間ステパンはペンとインクと紙を出し、「汝とソフィア・ニコラエーヴナとの結婚を許す。汝の父ステパン」と書きました。
 その日の昼前に二頭立ての馬車が家の前にとまるのを見て、アレクセイは寝台から飛び起きました。父の筆跡を震える手で確認すると、聖像に感謝の祈りを捧げ、直ちに親類の女性を仲介にしてソフィアに結婚の申し込みをしたのです。

 こうしてボールはソフィアの側に投げられました。この結婚を受けるべきかどうか。彼女は深く悩みました。父親の財産は農奴40人とわずかの土地とわずかの蓄えのみ、父親が死ねば家計が苦しくなるのは目に見えています。アレクセイとの結婚は安定した生活と立派な家柄に恵まれて、彼女には理想的なように見えました。しかし、望まれていない家族の中に入っていくことは気苦労が多いだろうし、アレクセイは自分を守ってくれるでしょうか。さらに、自分はアレクセイに好感を抱いてはいるが、恋しているわけではない。そして、二人の教養、趣味はあまりに違いすぎるではないか、、、。ソフィアは、かつて自分を救ってくれたスモレンスクの聖母の像の前で必死に祈りました。どれだけ長い時間が経ったでしょうか。ソフィアは立ち上がり、きっぱりと自分に納得させ、明日、アレクセイに会い、そこで決めようと決意しました。
 死人のようにやつれたアレクセイを見て、ソフィアは驚きとともにある感動に打たれました。彼女は昨夜感じた思いを率直にアレクセイに話しました。アレクセイも田舎での出来事、家族の様子、その他、今と将来二人を取り巻くであろう状況を包み隠さずすべて話しました。何ひとつ隔てることのない、これ以上何も怖れることのない二人の率直さが事柄を幸せの方に導いたのです。突然、ソフィアは、この善良で謙虚で心がきれいで世間擦れのしていない男性を自分が教育してみようと思いました。彼はきっと自分の理想の男性になるだろう、そして、自分もついに彼を恋するようになるだろう、と想像しました。この予想の一つは当たり、一つは外れました。ソフィアは次第にアレクセイが好きになり、彼なしで一日を過ごすことは苦痛になりました。ところが、ソフィアにはついにアレクセイが新婚の時でさえ、妻の顔を見ずに一日中釣をしていられる理由がわからなかったのです。このことは女性には決してわからないことかも知れません、、、。
 二人は婚約の報告のため、豪華な馬車を仕立て、たくさんのお土産を持ってステパンの家へ向いました。行く先々で、跡継ぎ息子の新妻を一目見ようと農民の列に取り囲まれます。さらに驚いたことには、当主のステパン・ミハイロヴィッチがソフィアをすっかり気に入ってしまったことでした。彼は何でも思ったことを話す率直な女性が好きだったのです。ウファの新婚の家に戻った彼らに課せられたのは新しい世継ぎを産むことでした。最初は女の子で、生まれて4ヶ月で死亡し、ソフィアを立ち直れないほど落胆させました。やがて、彼女は再び妊娠します。ステパンは今度こそ男子と決めつけ、占い師に頼んで、すでにセルゲイという名まで決めてありました。1791年の9月20日にソフィアは二番目の子を出産しました。早馬が急遽仕立てられ、オレンブルグへ嵐のような速さで出発しました。老ステパンは午睡をしていましたが、女中が起こしに来て、「お坊ちゃまが生まれました」と告げると、黙って胸の上で十字を切り、立ち上がって、大きな系図を引っ張り出すと、アレクセイという名から線を引いて、セルゲイ、と書き加えました。
 自伝的作品はここで終わります。「彼らは偉人ではないが、思い出されるに値する人々である」と、セルゲイ・アクサーコフは自分の祖父母と両親について語っています。

|

« アクサーコフ『家族の記録』(1) | トップページ | サマセット・モーム『ドン・フェルナンドの酒場で』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アクサーコフ『家族の記録』(1) | トップページ | サマセット・モーム『ドン・フェルナンドの酒場で』 »