« ウォルター・ペイター『ルネサンス』 | トップページ | クラウス・マン『転回点ーマン家の人々』 »

2006年4月24日 (月)

ラーゲルレーヴ『ポルトガリヤの皇帝さん』

 おとろえることのない愛情というものはどれほどの価値があるのでしょうか。
 『幻の馬車』『キリスト伝説集』『ニルスのふしぎな旅』で知られるスウェーデンの女性作家セルマ・ラーゲルレーヴ(1858~1940)の『ポルトガリヤの皇帝さん』(1981岩波文庫・イシガオサム訳)は、父親の娘への愛情(献身的な、驚くべき)を描いて深い深い感動を誘います。
 スウェーデンの田舎に住むヤンは、希望のない無気力な極貧の日雇い労働者です。しかし、妻のカトリーヌが産んだ赤子を両腕に抱くと、彼の心も彼の人生も変わりました。その娘クラーラ・グッラは花のように明るく快活な女の子で、ヤンは愛情のすべてをこの娘に捧げました。猩紅熱にかかった時は一睡もせずに看病し、吹雪の日には娘を背負って危ない道を学校まで送りました。日曜には精一杯よい着物を着せて教会に連れていくと、村人の誰もが仲のよいこの父娘を羨みました。ところが、娘が十八歳になったとき、借りていた家屋のたまった代金の支払いのため、クラーラ・グッラがストックホルムに出稼ぎに行かねばならぬことになりました。家のためではあるが、年頃の娘にとっては広い世界に出ることは憧れでもあったのです。しかし、娘との別れはヤンにとっては胸を引き裂かれるものでした。楽しみにしていた娘からの手紙も約束の送金の後、一度もなく、風の便りでは娘は不幸な目にあっているとのことでした。
 その頃からヤンの様子がおかしくなってくるのです。クラーラ・グッラがポルトガルの女王で自分がその父親、つまり皇帝だと自認し、山高帽に杖を持って、胸には金紙の星をたくさん着け、毎日のように船着き場で娘の帰りを待つようになりました。村の子どもたちからは「ポルトガリヤの皇帝さん」と馬鹿にされていますが、しかし、ヤンは気がふれてから不思議な千里眼のような力を身につけて、しばしば村人の困ったところを救うようになったのです。
 十五年の歳月の後、ついにクラーラ・グッラが帰ってきます。都会で苦労をした娘は年よりもやつれて見えました。ヤンは涙を浮かべながら歓迎の歌を歌って「女王」を迎えますが、クラーラ・グッラは皇帝姿の狂った父親を見て驚き、恐れ、失望しました。そして、彼の傍らにいるのも堪え難くなり、わずか一週間の滞在の後、母親を説得して、父親を一人残して町に帰ろうとします。ヤンに内緒で荷物をまとめ、小型の定期船に乗って岸を離れていく娘と母親、しかし、空っぽになった家を見て取り残されたと知ったヤンは大急ぎで娘たちの後を追ってきます。船の上のクラーラ・グッラの目には、狂ったように土手を駆け下りてくる父親が映りました。ヤンは船を追うように湖に飛び込んで、そのまま何日も浮いてきませんでした。クラーラ・グッラは岸辺に棺を用意して父の遺体の発見を待っています。彼女は、湖に沈んだ父親が、自分を裏切った憎しみゆえに彼女に罰を与えることを恐れ、早く遺体を埋葬して神の下に返したかったのです。
 そのとき、リンナルト・ビョルンソンという男が彼女に話しかけてきました。ビョルンソンはかつて自分の父親と喧嘩して、30年間離れて暮らしていたのですが、父の臨終のときに、ヤンが20キロの道を徒歩で知らせに来てくれて、そのおかげで父の死に目に会い、劇的に和解することができました。そのお返しに、ビョルンソンはクラーラ・グッラにどうしても言わねばならぬことがあったのです。
 「ヤンさんと最後に話したのはおれだったんだ」とビョルンソンは言いました。「あの日、ヤンさんがおれの家の前をあたふたと通りかかって、女王さんがここを通らなかったかと聞くんだ。帰ってみると家は空っぽだったから、きっと船着き場に行ったに違いない、と涙をうかべている。それで、おれは馬車にのせてあげたが、道々、ヤンさんは、クラーラ・グッラを連れ出したやつらは彼女をいじめやせんかどうか、と聞くんだ」
 「連れ出したやつらって!」とクラーラ・グッラは聞き返しました。
 「おれも不思議だったから聞いてみたら、そいつらはクラーラ・グッラが帰ってきて以来、つけねらっていたやつで、今度は彼女におそいかかってとりこにして引いていった、というんだ」
 「あら、そんなふうに、、」
 「おれは言ったんだ、クラーラ・グッラのそばには見張りなんぞは見えなかった、って。すると、『さすがのリンナルト・ビョルンソンにも見えなかったか』という返事だ、『娘っ子がここを通るとき、あれの見張りをしていたやつらが? ほら、「見え」とか「無慈悲」とか、それに「悪」とか「欲」とかよ』」
 「ええ!」とクラーラ・グッラは足をとめて彼の方を振り返りました。
 「、、ヤンさんはすっかり失望して泣き出した。『ああ、神様に祈っておくれ、リンナルト・ビョルンソンや、わしが娘っ子をすべての悪から救ってやれるように! わしの身はどうなろうと、なんとかあれだけは助かるようにな』って。クラーラ・グッラ、まちがえるなよ、ヤンさんは自分の悲しみからのがれるために湖にとびこんだのじゃないんだ。あの人が船を追って身を投げたのは、ただクラーク・グッラを敵から救うためだったんだよ」
 やがて、ヤンの死体が湖から上がり、村の人全員が葬列に参加します。クラーラ・グッラはいまや昔の父の姿を、自分を背負って学校へ連れていってくれた父親の姿を思い浮かべることができました。父親の愛情が自分を満たしてくれるのを感じ、彼女はまた昔の輝きを取りもどしたのです。
 死してもなお、人を愛することができるということ、決してあせることのない愛情はどんなものにも増して価値があるということ、この小説の放つ言葉はひたすらその一点に注がれています。

|

« ウォルター・ペイター『ルネサンス』 | トップページ | クラウス・マン『転回点ーマン家の人々』 »

コメント

こんにちは。
なぜかこの記事を読むと、何度読み返してもいつも涙が出てきてしまいます。
おかしくなるほど、強烈に無私の愛情を誰かに注ぐということは、子供か、子供のような純粋な人間にしかできないことなのでは・・・。
この記事の最後の段落を読んで、やはり文学なしでは人生はどれほど味気なくなってしまうかと感じました。文学の輝きに触れられるような文を、どうもありがとうございます。これからも愛読します。

投稿: 書斎のこぐま | 2007年8月17日 (金) 22時28分

書斎のこぐまさん、コメントありがとうございます。
『ポルトガリアの皇帝さん』は後半のクライマックスももちろんですが、前半のクラーラ・グッラが成長していく叙述も心に深く残ります。私の文章はその感動の百分の一も伝えることができたか全く疑問に思ってしまいます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: saiki | 2007年8月18日 (土) 21時28分

はじめまして、こんにちは!
私の大好きな作品です。親子の愛情もそうですが、十戒の「父母を敬いなさい」がテーマの文学ですね。物語の中盤で明らかにされています。

投稿: M | 2010年5月16日 (日) 18時21分

Mさん、コメントありがとうございます。
書庫を探したのですが、文庫本がすぐに見つかりません。しかし、お書きになっていることは、たぶん、その通りだと思います。確認できなくて申し訳ありません。
また、機会がありましたらご教示ください。
それでは。

投稿: saiki | 2010年5月16日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウォルター・ペイター『ルネサンス』 | トップページ | クラウス・マン『転回点ーマン家の人々』 »