« ベラ・バラージュ『視覚的人間』 | トップページ | エドワード・W・サイード『オスロからイラクへ』 »

2006年3月25日 (土)

加能作次郎『恭三の父』

 酔っ払って横になった父親が帰省している息子に、届いた葉書と手紙を読んでくれと頼みます。息子は面倒くさがって、暑中見舞いの葉書と礼状の手紙を適当に要約して伝えると、そんな読み方があるか、と父親は怒って息子にクダを巻きます。同じ暑中見舞いや礼状でもそれぞれ書き方があろう、それを文盲の自分にもわかるように読んでくれというのです。またある日、隣村に祭見物に出かけた父親は夜遅くなっても帰ってきません。家族が心配していると、泥酔して帰って来た父親は、夕飯を食べず待っていた家族に隣村の祭りの盛況と自分がいかに大事にされたかを自慢げに話します。『恭三の父』(明治43年作・新潮社・日本文学全集70)は、たったそれだけの話です。わずか、十頁余りの小説、しかし、この処女作には加能作次郎のすべてが詰め込まれています。父親は息子を溺愛し、成人した息子も父親を慈愛の目で見つめます。能登半島富来町の極貧の漁民の子として生まれた作次郎は一歳になる前に母を亡くしました。継母には二人の連れ子がおり、父親は彼女に気兼ねして作次郎を露骨に可愛がることができません。しかし、父親は非常な苦労をし、面目をつぶしてまで、学問をしたいという息子の希望をかなえてやります。作次郎は苦学して早稲田大学の英文科を出、博文館に入社して『文章世界』の編集を任されました。その頃から彼は故郷とそこに住む人々を題材にした小説を書き始めました。そして56歳でクルップ性急性肺炎で亡くなるまで生涯その珠玉のような小説群を書き続けたのです。
 『世の中へ』は京都の伯父の店で丁稚奉公をしていたときの話で、伯父とその妻と妾、やはり京都で住み込みで働く実姉、入院した病院で働く看護婦などとの交流が飾らぬ筆で淡々としかし愛情深く描かれている作品です。『厄年』もまた傑作です。夏休みに実家に帰省した主人公、しかしそこには肺病を病んで今は死ぬばかりの妹(継母の連れ子)が臥せっています。妹はすでに死相が出ながらなかなか死にきることができません。家族も三年越の看病に疲れ、今は彼女の死を待つばかり。「私」は幼い頃から妹とはそりが合わず、不幸な彼女を見ても同情がわかず、むしろ鬱陶しさを感じています。重病人のいる家の重苦しさに耐えきれず、「私」が町に遊びに出ると、その間に容態が改まって妹は血の塊を喉から垂らして死んでいきます。『故郷の人々』『霰の音』は閉鎖的な土地特有の親類同士の心の諍いを温かな眼で描いています。
 加能作次郎(1885~1941)は自然主義と私小説の申し子ですが、その透明さの源は自らを客観視できる性格の強靭さにあります。彼は自分を愛してくれる唯一の人間、父親のことを終生変わらぬ温かさで描き続けました。一生を息子のために捧げ、ただ息子が幸福に暮らせることだけを願った父親、彼は一介の無学無知な零細な漁師にすぎません。手は潮風で荒れ、額には年齢以上の皺が刻まれています。朴訥な父親はいつも自分の気持ちを押し隠しています。しかし、酒に酔った時に思わずその真情があふれて、息子の作次郎にだけはそれがわかります。「貧しい漁村から、苦労しながらも大学教育を受ける人間が出現したことは明治末年にあっては大変な事件であった、、、注意すべきは、主人公と作者が、その後、立身出世意識やエリート意識に毫もとらえられていないことである。ここに作者のあたたかな人柄がある」と平野謙は書いています。友人でもあった広津和郎は、作次郎の小説に登場する漁村の人々に触れ、誰にも知られずに忘れ去られたに違いない「これらの人々の小さな歴史を私は生涯忘れないだろう」と記しました。人々は天空にはりつく星々のように読者のこころの中で永久に輝くのです。石川啄木や室生犀星やその他ほとんどの作家たちは故郷を愛憎のこもった屈折した眼差しで眺めました。劣等感と優越感の混じった悲しい感覚、しかし作次郎にはそれがありません。「能登はやさしや土までも」とうたわれた風土性はこの作家の中にこそ息づいています。

|

« ベラ・バラージュ『視覚的人間』 | トップページ | エドワード・W・サイード『オスロからイラクへ』 »

コメント

作次郎の故郷、志賀町(旧富来町)に「加能作次郎の会」が細々と活動しています。昨年暮れに「作次郎ふるさと記念館」が開館しました。お問い合わせは「富来図書館(0767-42-2777)」まで。
それにしてもこれほどに作次郎を愛してくださる方々がいることを喜ぶとともに、大きな力を頂いていることに感謝しています。4月から、webでも発信したいと準備しています。

投稿: 大野  堯 | 2008年1月 8日 (火) 13時46分

大野さま、コメントありがとうございます。
能登を訪れたことはないのですが、作次郎の作品からその自然と人情の良さは想像できるようです。
作次郎がさらに多くの人々に愛読されることを願ってやみません。それでは。

投稿: saiki | 2008年1月 8日 (火) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベラ・バラージュ『視覚的人間』 | トップページ | エドワード・W・サイード『オスロからイラクへ』 »