« アラルコン『割符帳』 | トップページ | C.E.マニー『アメリカ小説時代』 »

2006年2月26日 (日)

デ・サンクティス『イタリア文学史 中世』

 1869年、52歳のフランチェスコ・デ・サンクティス(1817~1883)はナポリのモラーノ書店より高校教科書用の簡略なイタリア文学史の執筆を依頼されました。彼はこれを非常に喜び、直ちに着手するのですが、あふれる想いを抑えることができず、約束の枚数をはるかに超えて、ついに分厚い2巻本となって出版されました。これが渾身の名著『イタリア文学史』(1970現代思潮社・池田廉、米山喜晟、藤沢道郎訳)です。無味乾燥な記述は皆無、偉大な詩人たちから得た感動をその温もりのままに読者に伝えようとします。
 「今日でも悪者たちは言語道断の物盗りに出かけるときに、聖母マリアに祈願をかけたりするが、詩人も同じように罪深い愛のために聖母に祈る」とデ・サンクティスは「トスカナの人たち」の章に書いています。ヤコポーネ・ダ・トーディ(1230頃~1306)は「あたかも聖者が貧乏人の衣服を喜んでまとうように」庶民の話し方を好んで真似ました。ボローニャ大学で法律を修めた彼は、しかし、神学やスコラ哲学には目もくれず、純粋さ、素朴さ、誠実さ、真剣味を持ってイタリアの人々の生活の一面を映し出しました。彼のアイドルは聖母マリアで、親しげに熱っぽく彼女に話しかけます。
  やさしいマリアよ おまえの息子でありわが主でましますイエスを
  ああ、おまえがどれだけの憧れで見つめたか話してほしい
 ヤコポーネの詩は民衆に親しまれた聖者伝や祭礼の日の劇と同じテーマを歌います。キリストの受難と死、地獄の残酷な色彩、天国の歓喜を。「私の時代にも故郷のモルラでは、聖母マリアの祝祭の日に天使が現れて告知を行った」とデ・サンクティスは書いています。まことにイタリアの大衆的な宗教心は、時代を通じて、その文学を鼓吹しているのです。「彼岸がその舞台となり、現世が彼岸の準備期でしかないと考えるこうした宗教的物語の中に、人間は人間の地上的情熱を、その復讐心や憎悪や意見や愛の気持ちを盛り込んだ」
 そして、偉大なダンテは、このような素朴で庶民的概念から『神曲』とよばれる観想と幻視、霊魂の聖史劇ともいうべきものを産みだしたのです。民衆は『神曲』の言葉を文字通り解釈して、説教や聖史劇から受けたと同じ感激を味わいました。「この人は、たった今、地獄から戻ってきたかのようだ」というボッカチオの言葉は、『神曲』の読者の多くに共通した感慨だったのです。生は彼岸から見られると新しい様相を帯び、彼岸の世界は地上の生から見ると、現世の情念と興味を纏います。地獄は何と豊かな個性に満ちていることでしょう。浄罪界は何と甘味な憂愁に浸されていることでしょう。天国は思い出との和解、質的な差異の消失です。ここに至って、ダンテの苦しみが、ボニファチオに侮辱され、フィレンツェから追放され、憎しみと愛、復讐とやさしさ、憤怒と感嘆の入り交じった生が肯定されるのです。そして、またそれはデ・サンクティスの波乱ある生涯とも重なってくるのです。ある修道士がダンテに「あなたの望むものは何か」と尋ねるとダンテは「平和だ」と答えました。「これこそ同時代の人がことごとく求めていたものであった」とデ・サンクティスは書いています。イタリア国家統一の前夜に生まれたデ・サンクティスは一生を革命と民族統一のために捧げました。「私の人生には二枚の頁がある、それは政治と文学だ」死の直前に彼はそう書いています。
 『イタリア文学史・中世』は最後にペトラルカの美しい章を置いています。『神曲』は芸術的に表現された中世でした。ダンテにとって、世界はすべての頁が書き尽くされている書物そのものです。誰が疑うでしょうか、現世が仮の世、あるいは虚偽の生で、来世こそ真実の世界であることを。しかし、ペトラルカには、ダンテを詩人にしたような自己の世界への信念が欠如していました。そうした世界は彼の頭脳の中で解体し、腐敗し、柔軟な官能的な空想力に席を譲ります。Chiare , fresche e dolci onde 清澄で、さわやかなやさしい流れよ、と詩人は水浴びする恋人ラウラについて歌います。現実は芸術の対象となり、詩人は自らの作り出した想像の中で生きます。ベアトリーチェは光の中にいるが、ラウラの乳房は夢見た朝の余韻のように生き生きと私たちの感覚を呼び覚ますのです。

|

« アラルコン『割符帳』 | トップページ | C.E.マニー『アメリカ小説時代』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アラルコン『割符帳』 | トップページ | C.E.マニー『アメリカ小説時代』 »