« クラウス・シュライナー『マリア 処女・母・女主人』 | トップページ | ふたたび『ギリシア宗教発展の五段階』 »

2005年7月31日 (日)

ギルバァト・マレー『ギリシア宗教発展の五段階』

 アンスティテネスはプラトンの20歳年長ですが、彼が自分の哲学を見いだしたのは晩年になってからです。アテェナイには身分の低く貧しい市民のための学堂があり、キュノサルゲスと名付けられたその学堂は大いなる私生児ヘラクレスに捧げられていました。アンスティテネスは、それまで貴族の間で教えていたのですが、今や自分の母親がトラケェの奴隷であったことを思い出し、自分の学堂をキュノサルゲスの中に、この地上で相続権を奪われた者たちの間に打ち立てたのです。彼は艱難辛苦に耐えうる者しか弟子にとらず、杖をもって新来者を追い払うことを常としていました。
 その頃、貨幣の表を摩滅させた罪で獄屋に入れられた悪名高い両替商の息子がアンスティテネスの前に現れました。彼、ディオゲネスは去れといわれても去らず何度杖で打たれても一歩も動きませんでした。彼の一生の目標は父親の仕事と同じこと、つまりこの世に流通するあらゆる貨幣の表を磨りつぶすことだったのです。将軍、国王などの肩書、富や名声などの幸福は偽りの表書きに書かれた下等な金属に他なりません。人間の救済は本然に帰ることであって、獣のように原始人のように蛮人のように生きることです。彼は毛布と頭陀袋と杖を持ち、市民生活や結婚を軽蔑し、眠れる所で眠り、至る所で食を乞い、広場で公然と性行為をしました。ここには満々たる野心とあふれるばかりの自己顕示があります。哲学はそこまで徹底することによって初めて人を感動させうるのです。
 ギルバアト・マレーの『ギリシア宗教発展の五段階』(岩波文庫1971)の筆はその第三章「前四世紀の大学派」に至って冴えわたります。ペロポネソス戦争の敗北はアテェナイ市民のみならず全ギリシア世界を悲嘆の底に落としました。アテェナイの敗北はポリスの敗北であり、ポリスこそはギリシア人の忠誠と憧憬の対象だったからです。ほとんど神ともいうべき絶対的対象の没落を目の当たりにして、人々の精神はひたすら内面へと向かいました。アレテー(徳)以外のすべては偽りの仮面であり、文明に浴されたものは宗教上の規制・習俗に至るまで人を不幸にせざるをえないのです。何ものをも恐れるな、欲するな、所有するなというディオゲネスの哲学は、人々をその「奴隷状態」から解放することで、新しき生活の指針を示したのです。
 ディオゲネスについてのエピソードは他のどんな哲学者よりも断然多いのですが、私が一番好きなのは次のような話です。あるときディオゲネスが川で水を飲もうとしていると、近くにいた幼い子が両手で水をすくって飲んでいました。それを見て彼は自らを恥じ、頭陀袋からコップを出して捨てたのでした。

|

« クラウス・シュライナー『マリア 処女・母・女主人』 | トップページ | ふたたび『ギリシア宗教発展の五段階』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113600/5250303

この記事へのトラックバック一覧です: ギルバァト・マレー『ギリシア宗教発展の五段階』:

« クラウス・シュライナー『マリア 処女・母・女主人』 | トップページ | ふたたび『ギリシア宗教発展の五段階』 »