« ヒメネス『プラテーロとわたし』 | トップページ | 佐貫亦男『発想のモザイクー技術開発の民族風土』 »

2005年6月28日 (火)

アーセン・ベンゲル『勝者のエスプリ』

 サッカーの監督として最も大切なことのひとつは、選手の可能性を引き出すということです。選手には自分の限界が見えません。実は限界がもっと先にあるということも多いので、ここで指導者のアドバイスが必要になります。監督は、限界に挑むことを拒否する選手に。衝突を生むぎりぎりのところで道を指し示さねばなりません。ここでの鍵は選手のモチベーションにあるのですが、豊かな社会では限界をこえようとするほどのモチベーションを持つことはすでにひとつの才能といえます。そして、彼らはその理想の高さゆえに、自らの中にコントロールできないほどの不安や疑いを抱えてしまいます。キャリアの初期の段階で成功が訪れると、内実は逆に脆くなり、人生を安易なものと考えて才能は十全に開くことなく終わってしまいます。「この世界では才能さえ落とし穴になりうる」「厳しさは自然に身に付くものではない。人はガーンと頭を殴られるような経験を経て人生を学んでいくものなのだ」
 ベンゲルはストラスブール大学で政治経済学を学びましたが、卒業しても家族の望むような経済の専門家にはならずサッカーの監督の道を選びました。人生は「受け入れなければならないゲーム」です。30歳でフランスの国家資格を取り、国内チームのナンシーやモナコで際立った成績を残して、1995年から2年間名古屋で指揮をとり、不振のグランパスエイトを天皇杯優勝まで導きました。そして、プレミアリーグのアーセナルへの電撃移籍からの活躍は周知のことでしょう。無敗での優勝を含む3度のリーグ制覇でその名声は不動のものとなっています。
 彼は来日前、日本を、すべてロボット化された寂しく楽しみの少ない国と見ていたようです。しかし、2年間の日本での生活の後では、ここにはヨーロッパでは失われた美徳が残っていると感じるようになります。「それは日本の習慣に慣れていない人でも、その『価値観』を信じれば幸せになれる、という種類のものだ。それは礼儀正しさ、他人に対する敬意、他人の自由を尊重する意思等々である、、」「ちょっとしたことでも他人によろこんでもらえれば、それは自分の深いよろこびにつながる、そんなヨーロッパでは以前当たり前にあったことを、ここ日本ではたびたび経験することができた」と彼は書いています。
 彼の日本への不満を一つだけあげましょう。なぜスタジアムを作るとき、必ずと言っていいほどトラックを作ってしまうのか。陸上競技はマイナーなスポーツでしかないのに、、。これは私もその通りだと思います。トラックがあるとピッチに立つ選手たちが遠く感じられるのです。

|

« ヒメネス『プラテーロとわたし』 | トップページ | 佐貫亦男『発想のモザイクー技術開発の民族風土』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113600/4740204

この記事へのトラックバック一覧です: アーセン・ベンゲル『勝者のエスプリ』:

« ヒメネス『プラテーロとわたし』 | トップページ | 佐貫亦男『発想のモザイクー技術開発の民族風土』 »