« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月31日 (火)

魯迅『朝花夕捨』

 張岱の『陶庵夢憶』は私の愛読書の一つですが、魯迅の『朝花夕捨』に似て、過ぎ去った月日の回想の形をとっています。張岱は明末の動乱の中で大富裕の身から一転その日の米にも困る境遇に落ち、魯迅は裕福な生家の没落で教師として糊口をしのいでいます。似たような境遇ながら、何と彼らは違っていることでしょう。張岱は人生を味わい尽くして、その思い出においても再び美酒の残りを嘗めるかのように陶然としています。魯迅は戦いの中で心休まる暇もなく、生とこの世の謎をきりきりと追い求めていました。
 『朝花夕捨』の一編「無常」は祭礼の日に登場する全身白装束の鬼について語っています。無常と呼ばれるその鬼は死に逝く人の魂を受け取りにくるのですが、人々の愛着と共感は彼にこそ捧げられます。なぜか?手に算盤を持つその鬼は人の生前の行為を公平に評価して閻魔のもとに送り届けるからです。「生きることの楽しさを思えば、人生はまことに離れ難い。だが生きることの苦しさを思えば、無常必ずしも悪いお客さんとは限らない」貴賎、貧富に関係なく、不当な屈辱を受けるものはその恨みを晴らし、罪あるものは罰を受けるのです。無常はその責務の重さを自覚し、また人情の機微にも通じるので、(驚くことに)魯迅は、彼こそ真の友人たりえるのではないかと書いています。
 「阿長と山海経」は魯迅の絵入り本収集の執着の端緒を語る名篇です。阿長は魯迅の幼いときの保母代わりの下婢で、魯迅の可愛がっていた鼠を踏みつぶしたり、太った体で寝ている魯迅を押しつぶしたり、母に告げ口したりと、彼にはあまり好きになれなかった女性でした。その頃、叔父の口から、この世には「山海経」という本があり、そこには人面の獣、九頭の蛇、三本足の鳥などが描かれていると聞いて、魯迅は欲しくてたまらなくなります。ところが田舎の土地で大きな本屋もなく、いつもいつもその本のことばかり考えていると、阿長までも「山海経」がどんな書物か尋ねてきます。ある時、阿長が4、5日里帰りをして帰ってくると、「坊ちゃんに買ってきましたよ」と書物の包みを差し出します。まさにそれこそ四巻の「山海経」で、人面の獣も九頭の蛇もみんな載っています。「この四巻の書物こそ、私が一番最初に手に入れ、一番心から愛した秘蔵の書物であった、、、母なる大地よ、願わくは汝の懐にとこしえに彼女の霊魂を安らかならしめ給え」と魯迅は書いています。
 魯迅の本の中では『中国小説史略』が最も好きで、かつ教えられるところ多いのですが、『朝花夕捨』も私には捨て難い。この本を神保町の4冊百円の棚から『野草』『故事新編』とともに拾い出したときは胸が少し高鳴りました、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

ブルクハルト『イタリア・ルネサンスの文化』

 ブックオフのよいところは、本に対する思い入れがまったくないことです。本は外観と新しさのみで評価され、定価の半額の値札をつけられ、売れないと100円の棚にまわされます。こうして、書物に値しない本の山が効率的に流通していくのですが、100円にも値しない本はさらに安値で処分されています。ブルクハルト『イタリア・ルネサンスの文化』(中央公論社)を私は50円で手に入れました。低俗さと凡庸さが来るべき時代の文化を支配するだろうと予見し、自分はその滅びさる側でいたいと語ったブルクハルトは、自分の著書が菓子パン一個も買えない値で処分されていることにむしろ誇りを持つのではないでしょうか。
 さて、この書物は私には遠い青春の一冊です。ルネサンスやブルクハルト自身についてはその後わずかながら知見を深めましたが、この本の「個人の発展」や「古代の復活」の章は読み返してみてもやはり興奮します。ブルクハルトは「普遍的な人間」l'uomo universal の出現をルネサンスの本質的な特徴と見ています。偉大なダンテは同時に神学者、哲学者であり、絵も上手く、音楽を聞ける耳もありました。マキャべリが喜劇『マンドラーゴラ』の作者であることはよく知られています。万能芸術家ばかりでなく、万能の人間も出現します。レオン・バッテイスタ・アルベルティはその多方面にわたる才能に加えて、生と自然への深い共感がありました。壮麗な樹木、見事な果実、美しく年老いた老人を見ると彼は涙を流したのです。(これは賀茂真淵が澄んだ秋の空を見て涙を流したことを思い出させます)ニッコロー・ニッコリは全財産を書物に費やし、しかもそれらを人々に貸し出し、それらの書物について誰とも分け隔てなく話し合いました。ウルビーノのフェデリーゴはあまりに有名です。高度に洗練された彼の生涯は人々を愛し愛されることに費やされたのです。
 ところで、ブルクハルトはルネサンスのイタリアはなぜシェイクスピアを生まなかったのかと自問しています。この問いは意外と深い、それは結局のところルネサンスがイタリアの国民性によるのではないのかと私たちに思わせるからです。欲望の凄まじさ、見栄や名誉欲の強さに加えて想像力の役割を彼は強調しています。そのような資質はともかく、ヨーロッパ文化の精華を創りだす使命を指摘されたことで、イタリアは彼に無限の感謝をすべきでしょう。カルロ・アントーニはその『歴史主義から社会学へ』の日本語版への序文で「私の書物は、人間文化の歴史に人間精神の普遍的価値の、そして何よりもまず自由の最高の倫理的価値の、積極的な深化と増大の意味をあたえようと努力したイタリア文化のあの運動の一部をなしている」(鑚井鉄男訳)と書いています。ブルクハルトの書物がなかったらアントーニもこうもはっきりとは書ききれなかったでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年5月20日 (金)

天草本『伊曾保物語』

 昔買って読んでない本を適当に手にとって読んだりしています。『伊曾保物語』(1593)は原本が大英博物館に一冊のみという天下の稀覯書ですが、内容は外人宣教師に邦語を、邦人信徒に洋語を教えるために印刷されたそうで、全文ローマ字で書かれ、岩波文庫ではそれを漢字仮名まじり文に翻刻してあります。
 無論、イソップのお話ですが、私はイソップに全く無知だったので大変勉強になりました。マシモ・プラヌーデのイソップ伝が冒頭についています。それによると、イソップは世界に並ぶもののない醜い男で、しかも言葉がうまくしゃべれず、主人は彼が事務ごとは無理だから農夫の手伝いをさせようと畑に送り出します。その朝、農夫の一人が主人に熟柿を持ってきたので、主人は二人の小姓を呼んで、風呂上がりに食べるからとっておけと言いました。二人の小姓は、このうまそうな熟柿を食べてしまって、それをイソップのせいにしてしまおうと謀ります。風呂から上がった主人が熟柿をもとめると、二人の小姓は「イソップめが食べてしまいました」と讒言します。そこで主人はイソップをよぶと、イソップは吃って何も言えません。いよいよ彼が食べたのだと主人は確信して、家来にイソップをむち打つよう命令します。ここにおよんでイソップは主人のまえに平伏し、なにとぞしばらくお待ちを、と必死の覚悟で訴えました。そしてぬるい湯を大茶碗に持ってくると一気に飲んで、指先を口に入れ、胃中のものを吐き出しますが、朝のことで、湯以外は出てきません。さらにイソップは讒言した二人の小姓にも同じことをさせるよう主人に嘆願します。この瞬間主人はイソップが才幹であることに気づきます。早速二人の小姓を呼んでぬるま湯を飲ませると熟柿を吐き出しました。主人は二人に罰を与え、以後イソップをことのほか重んじるようになりました。
 イソップはその知力と博識で、全地中海世界にその名を轟かせます。その生涯のエピソードは我が国のとんち彦一や一休さんによく似ているものもあります。彼は人を説得するに、わかりやすく親しみのある動物を用いて話しました。こうして、狐やオオカミや鶏が彼のお話の主人公となっていくのです。
 その中で一つだけ紹介しましょう。海岸を歩いていた蟻は波にさらわれて海の中で溺れそうになります。近くの梢にいた鳩がそれを見て、枝をくいちぎって、その一片を海に落とします。蟻はその枝の上に体をのせて、かろうじて陸に上がることができました。その後すぐ、鳩は漁師の罠にかかります。しかし、蟻が漁師の足に噛み付き、漁師が気を取られている間に、鳩は罠から脱出します。「恩を忘れたら蟻にも劣るものじゃ」というのが教訓です。
 イソップの話は巧利主義的で、キリスト教倫理とはいかなる意味でも一致しないところが興味深いといえましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

チョムスキー『言語と認知』

 「プラトンの問題」というものがあって、それはバートランド・ラッセルの要約によれば、「人間は、世界との接触が短く、個人的で限られたものであるにもかかわらず、かくも多くのことを知りうるのはどのように可能なのか」というものだそうです。プラトン自身は、それは我々に前世からの記憶があるからだと答えたのですが、ライプニッツはこの考えを基本的に正しいとして、しかし、前世という考えは否定しました。つまり、プラトンのいうように、人間の知識は何か生得的な機能から導き出せるというのです。これは幼児の言葉を覚える速さ、特に生後4日目には母語と他の言語の区別ができるという事実(!)などの理由を説明します。そして、これは日常的な小児の会話にも現れるでしょう。日常の会話は実に多様であって、同じことの繰り返しは決して現れず、常に予期せぬこと新しいことの創造です。外国に行ったときに、会話集の本が役に立たないのはこの理由によるのですが、すでに人間は2、3歳でこのようなスリリングな会話を楽しむことができるのです。チョムスキーはまた、一つの言語を完全に習得している人間はすべての言語に通ずる概念の生得的なストックを持っていると語っています。
 ところで、人間の生得としての言語機能が一つであるなら、なぜかくも多種多様な言語が存在するのでしょうか。G・スタイナーも同じことを考えていて、彼はアフリカの隣接する部族はその風土・人種・気候が同じにもかかわらず全く異なった言語を話す例を挙げています。スタートレックの乗組員が出会う異星人は複数の言語を話すことで異星人同士が意思疎通に苦労することがあったでしょうか。
この話は後日続きを書きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユンガー=シュミット往復書簡

 待望のユンガーとシュミットの往復書簡集が邦訳されました。わが国ではユンガーはヨーロッパほど読まれてはいないようですし、カール・シュミットというと、友ー敵概念とか非常時の大権とか紋切り型のイメージしか思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。私のささやかな読書経験によると、ユンガーは物事の筋道を精密に辿っていく作家であり、シュミットは凡庸さを嫌う敬虔なカトリックなのです。ユンガーがカール・グスタフ・カールスについて語れば(カールスは天使の羽根が、それが描かれた形では飛ぶ用に適さないと書いているのですが)、シュミットはフランツ・フォン・バーダーについて語ります。そしてこれはどちらも一方通行で、カールスの自然哲学はシュミットの関心をひかず、バーダーの神秘的ロマン主義はユンガーの心を捉えませんでした。
 しかし、この長い文通期間の間、二人が一貫して共有したものが二つあります。その一つは、何とレオン・ブロアへの共感です。まずシュミットがブロアの本をユンガーに教え、ユンガーはブロアの全集にのめりこんでいきます。「薄暗い街路を行くことが私の最良の旅である」とブロアは書きました。ブロアは絶望的な人生のただ中で、自分と時代を切り刻んでいったのです。「起こったことはすべて崇高である」このブロアの言葉はユンガーの生涯のモットーになりました。
もう一つは二人がしばしば自分たちの居場所に仮想したサン・カシアーノです。このマキャベリが隠棲して読書と著述に逃れた場所はまた二人にとっての精神的逃避所となりました。ヨーロッパの最も過酷で残虐な時代のただ中で、マキャベリのサン・カシアーノはこの世を逃れる唯一の標識、粗暴で無知な人間から自分を守るよりどころであったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »