« エレンブルグのスタンダール論 | トップページ | ユンガー=シュミット往復書簡 »

2005年4月10日 (日)

フランシス・ベイコン

 アンドリュー・シンクレア著『フランシス・ベイコン』(書肆半日閑)を読みました。イギリス人の描く伝記はたいてい面白いのですが、この本も詳細な資料をもとに最後まで読ませてくれました。何より著者がベイコンの友人でもなんでもないのが良いのです。没後13年のこの画家には、まだ生々しい思い出がまとわりついていて、我こそ理解者、あるいは無二の親友だとかの厚顔な意見がまかりとおっているようなのです。それもこれもベイコンの驚くべき成功がもたらしたものなのです。1992年4月28日、82歳で心臓発作で死んだとき、かれはまさに名声の頂点にいたのです。全時代のイギリス絵画史を通じて最高の画家であることはもちろん、20世紀ではピカソにつぐ、そしてセザンヌを越えた衝撃を与えているのではないでしょうか。
 祖先である思想家フランシス・ベイコンと同様、彼の人生もホモセクシャルを抜きには考えられません。というより、快楽の凄まじいばかりの追求の生涯だったのです。まともな人間の人生など、彼には一日としてなかったでしょう。それでも十分なエネルギーをキャンバスにまさに叩き付けることができました。
 ベイコンの絵は十分に難解だが、しかし共感できるものもあります。人間とはどのようなものであるか、これほどの体験と出来事と歴史を積み重ねてもまだ謎であると思わざるを得ないのですが、その秘密のいくらかをベイコンは垣間見せてくれるようです。マイリンクのゴーレムの中にこんな話がありました。あるとき3人の男が暗闇の国に降りて行って、一人は盲目になり、一人は発狂し、そしてラビのベン・アキバだけが無事に帰ってきて、自分自身に出会ったといったそうです。ベイコンの絵を見るときの戦慄はそれに似ているような気がします。

|

« エレンブルグのスタンダール論 | トップページ | ユンガー=シュミット往復書簡 »

コメント

こんばんは。
「祖先である思想家フランシス・ベイコンと同様、彼の人生もホモセクシャルを抜きには考えられません。」
エドモンド・ホワイトのプルーストの伝記を思い出しました。男性の同性愛はどうしてここまで激しくなってしまうのでしょうか?女性で、同性愛の相手を一生追い続け、ために死んだような人を知りません…。
そういえば、「岩波講座東洋思想 」のイスラーム思想の巻に、ラビのベン・アキバの話があったような気がします。精神の奥底への旅は常に危険なことのようです、剃刀の刃の上を歩くように…。
ではまた。

投稿: 茶色のこぐま | 2005年4月10日 (日) 23時49分

茶色のこぐまさん、こんにちわ argusです
私はヘテロセクシャルなので同性愛の人の気持ちはわからないのですが、同性愛はベイコンやプルーストの作品の本質に関わるところにあると思います。また、愛の激しさは、ベルリンで直腸まで損傷を負ったW.H.オーデンなどを考えてもわかります。
ベイコンの場合「精神の奥底への旅」という意図はなかったようです。ただ、彼は自分が感じた不安と恐怖を目に見えるものにしたということなのでしょう。
 それでは、、、

投稿: argus | 2005年4月11日 (月) 12時06分

argusさん、こんにちは。
トラックバックつけてみました。
毎回、投稿楽しみにしています。
では。

投稿: 茶色のこぐま | 2005年8月 9日 (火) 22時03分

茶色のこぐまさん、こんにちは。
早速、文章など拝見しました。どうぞこれからもよろしくお願いします。

投稿: argus | 2005年8月10日 (水) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113600/4446420

この記事へのトラックバック一覧です: フランシス・ベイコン:

» フランシス・ベイコン マイケル・ペピアット著 [Le Petite Ourse]
精神の暗部をかき乱す、謎(エニグマ)に満ちた画家・ベイコン 先日、フランシス・ベ [続きを読む]

受信: 2005年8月 9日 (火) 21時40分

« エレンブルグのスタンダール論 | トップページ | ユンガー=シュミット往復書簡 »